アメリカメジャーリーグでは毎年新しいルールなど導入されますね。
今回紹介するのは、キャッチャーからの球種のサインなどを
電子機器を使ってピッチャーに伝達する方法ですね。

捕手のサイン

昨年までは古典的な方法で捕手がサインを出していたが、今年から捕手が送信機の付いたリストバンドを装着し、投手の機器に音声で球種、コースを伝える仕組みです。展示された送信機にはフォーシーム、ツーシーム、カーブ、スライダー、チェンジアップ、シンカー、カッター、スプリット、ナックルの9つの球種が入っています。近年、米球界を揺るがしたサイン盗み対策として期待されます。

ピッチコム

言語は英語かスペイン語です。野手も遊撃手、二塁手、中堅手(あるいは三塁手)と3人までレシーバーを装着でき、球種を事前に知ることができます。昨季後半ローAウエストで実験、好評を得た。この春のメジャーキャンプでも半分の球団が興味を示したという。サイン盗みを防げるし、試合をスピードアップできます。

2022年開幕戦、ブリュワーズの先発コービン・バーンズとオマー・ナルバエスのバッテリーは使用しました。一方カブスのカイル・ヘンドリックスとウィルソン・コントレラスのバッテリーは使いませんでした。カブスは春のキャンプでテストしたが、捕手が慣れるまでには至らなかったようです。

関連するまとめ

バッティングセンターとは

バッティングセンターと言うと野球少年が練習をするイメージが強いですが、野球をした事ない人でも気軽に野球体験を…

ベイスターズ、優勝への道 vol.3 〜頑張れ、ルーキー!中日ドラゴンズ戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて!

1974年生まれの野球選手

第二次ベビーブームの1974年世代にはどんなプロ野球選手がいるでしょうか。 ちょっと紹介したいと思います。