ソサイチとは

ソサイチは、7~8人制のサッカーで、語源はポルトガル語で「集まり、社交場」という意味の「society(ソサイエティ)」です。
ソサイチは、ブラジル発祥で、気軽に誰とでも楽しむことができ、ボールを蹴ることを通じて仲間を育むことから生まれたスポーツとも言われています。ソサイチのピッチサイズはフットサルの約3倍で、ゴールサイズは少年用サッカーゴール(5メートル×2.15メートル)を使用します。

簡単なルールと競技者の数

基本的にはサッカーと同じようなルールのようですが、オフサイドはなくサイドからのボールインはスローインですが、コナーからのボールインはキックインになります。ボールインする地点で、ボールを蹴られる状態から5秒以内にボールをキックインしなければならず、違反した場合は相手ボールになってしまいます。
ファウルについては、公式サッカールールに準ずるようですが、スライディングはあり。しかし相手を蹴る、またはボールを奪うために相手にタックルをし、ボールへ触れる前に相手に接触した場合は反則となります。
競技者のうち1人はゴールキーパーで8人制サッカーの場合は6人、7人制サッカーの場合は5人となり一方のチームが試合人数に満たない場合、両チーム合意の上で試合を開始できます。
選手交代については試合中に何人でも交代可能で、審判に申し出る必要はなく、代要員は退く競技者がフィールドの外に出た後に、ハーフラインからフィールドに入ります。退く競技者が出る前に交代要員が入った場合は、ファールとなり交代要員のイエローカード。ペナルティマークから間接フリーキックとなります。

用具

サッカーと同じで、ジャージまたはシャツ。ストッキング、すね当て、靴が必要になります。
メガネは使用禁止ですが、ただし、強度の高いプラスチック製スポーツグラス・コンタクトレンズは使用できます。ゴールキーパーのユニホームは他の競技者、主審、副審と区別のつく色の服装をするというルールがあります。
使用ボールについてはサッカー5号球もしくはソサイチ専用ボールというものがあります。

関連するまとめ

歴史の古い競技種目でもある「レスリング」。日本選手は世界最高峰です。

紀元前9世紀頃、ギリシャで始まった古代オリンピック。 ゼウスなどオリンポスの神々に捧げる神事として行われてい…

5月になったら祭へ行こう

今年のゴールデンウィークは10連休とも言われています。 10連休もあるなら祭へ行こう。

スポーツドリンクに含まれる成分比較 その①

運動中や水分補給など、普段から口にする機会の多いスポーツドリンク。 そこに含まれている成分で名前は見たことが…