「オフサイドディレイ」とは

「オフサイドディレイ」とは、オフサイドの際、旗を挙げるタイミングを副審が遅らせると言う事です。これはオフサイドなのかどうか、はっきりしない場面を一旦プレーを継続させる事で、判定ミスによる得点機会をなくす事が目的なんです。

ただ、明らかにオフサイドの場面などでは、オフサイドディレイを取らず、すぐに旗を挙げたりもします。実は、オフサイドディレイは、VARの導入と深く関わっています。

オフサイドをディレイすることにより、、、

「オフサイドディレイ」は、得点機会を判定ミスで潰してしまわないようにする為に導入されました。

これは仮に、オフサイドではないのに旗が挙がってしまった場合、それを見た選手はプレーを止めてしまいますし、主審も副審の方がオフサイドラインは見えているので、副審の判定を尊重してプレーを止めます。しかし、後でVARやビデオで確認したらオフサイドではなかったとなると一大事。審判の判定が得点機会を潰してしまうことになります。そのため、際どい場面の場合、一旦プレーを継続させ、その攻撃が終わるまで待ちます。プレーを継続させてもVARで正しく判定すれば、誤審が生まれず、両チームに公平なジャッジを下す事ができることになります。

関連するまとめ

中田英寿氏、電撃FIFA入り!

日本やアジアを代表する元サッカー選手の中田氏中田英寿氏が、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則な…

絶対に負けられない!!カタールW杯アジア最終予選、10月に向けた招集メンバーが発表!

10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2試合に向けた招集メンバーを発表されました。

柴崎が、槙野が?!海外移籍情報

先日、Jリーグチャンピオンシップで戦った鹿島と浦和から、主力選手の海外移籍の話が持ち上がっている。