発祥はどこですか

1858年にオーストラリアのメルボルンにて発祥しました。

オーストラリア国内ではプロリーグも存在しており
冬のスポーツとして大人気です。競技人口は、世界全体で70万人以上存在しておりますが日本においては、ラグビーの方が認知度が高いです。
日本でも国内リーグが存在するこの競技。

オージーボールとは

オーストラリアンフットボールは別名「フッティー」「オージールールズ」、また日本では「オージーボール」とも呼ばれるオーストラリア独自のフットボールを指します。その起源は1858年まで遡り、クリケット選手のオフシーズンのトレーニングとして考案され、徐々に現在の形へ発展を遂げていったそうです。
平均走行距離14kmを叩きだすスポーツで、その運動量の激しさ故に「世界一ハードなスポーツ」と称されるほどです。似ているスポーツとしてラグビーが挙げられますがラグビーと異なり、「ボールを投げる」ことが禁止されているのが特徴です。15m進むたびにボールをバウンシング(ドリブル)させなければいけない、肩上or膝下へのタックルが禁止など、細かいルールが異なります。よりスピーディーな試合展開とダイナミックなプレイが特徴で、ラグビーやクリケットに並んでオーストラリアでは国民的人気を誇ります。毎年3月から9月にかけて「オーストラリア・フットボール・リーグ(AFL)」が開催され、9月の優勝決定戦には10万人近くの観衆が詰めかけるそうです。

用具やルール

使用されるボールは、ラグビーボールとほぼ同じ外観ですがラグビーボールよりも一回り小さいのが特徴です。
試合コートは長さ135〜185m、幅110〜155mの楕円形コート。コート端には4本の柱があり、内側の2本が「ゴールポスト」、外側の2本が「ビハインドポスト」と呼びます。
1チーム18人(交代要員4人)で試合中いつでも交代できます。試合時間は1クォーター20分×4クォーター制でバスケットみたいですね。
先述したようにボールを投げることは禁止されており、
その代わりに、所持したボールをもう一方の拳でパンチしたり、キックすることが特徴です。ボール所持状態で歩数制限はありませんが、15m以上進む場合は、一度地面にバウンドさせる必要があります。
15m以上離れた味方にパスを出し、味方がノーバウンドで捕球に成功した瞬間にパスを成功したチームに以下2つの選択肢が得られます。
・捕球成功した地点からフリーキック
・そのまま攻撃継続
この15m以上のパスを成功させることを「マーク」と呼んでいます。
内側2本のゴールポストの間にキックによりボール通過させると、6点プレーになります。キック以外の方法で柱間にボールを通過させたり、キックで通過させたが、その途中で他の選手に当たっていた場合や、シュート手段に関係なく、ポストに直接ボールが当たった場合などは1点プレーになるそうです。
YouTubeでも試合が見られるのでオススメです!!

関連するまとめ

有酸素運動の効果的なやり方について

有酸素運動とは、比較的軽度の運動を長時間続けることです。反対に、強度の運動を短時間行うことを無酸素運動と言い…

自宅で簡単筋トレ『 ノーマルスクワット 』

下半身の筋肉は上半身よりも大きいので鍛えることでダイエットにも効果ありです。

ゲーリックフットボールというアイルランドのソウルスポーツ

手を使えるサッカーですが、実際のサッカーとはゴールの形状やルールが異なります。 アイルランドではかなり人気の…

関連するキーワード