スポーツジムに行ったら、まず誰もが始めに使うかもしれないのはランニングマシン。
脂肪燃焼に効果的でもあり年齢男女問わず多くの方が良い汗かいてます。
自分のペースで歩いたり走ったり出来ます。
そんなランニングマシンを有効的に活用したいですね。

ウォーミングアップはしっかりと!

マシンに乗っちゃうといきなり走りたくなりますが、そこをグッと我慢して、まずは5〜10分ゆっくりなスピードで歩き始めましょう。

そして身体が温まった所で徐々に走り始めます。
傾斜は自由ですが無しから初めて、1〜2%傾斜を付ける事で野外での空気抵抗分程度の負荷が設定されます。
逆に傾斜を急にするとアキレス腱やふくらはぎの怪我に繋がるので2%以内を推進します。

走る姿勢も意識しましょう

腕は90度に保って振り正しいフォームで走りましょう。
ランニングマシンの手すりですが、掴まって走らなくていいんです。
手すりはランニングマシンに安全にのぼり降りをする為のものなのです。

腕は90度に保って振り正しいフォームで走りましょう。
ランニングマシンは足が後ろから押される為前傾姿勢にならない様真っ直ぐを意識してみましょう。

最近のランニングマシンには、ほぼ液晶パネルついてますよね。
そこで動画ばかりを見てしまいがちですが、それではフォームが崩れます。
足を見てしまうと前かがみになり背中や首に負担がかかります。真っ直ぐ前を見て走りましょう。

運動が苦手な方でも楽しめます

運動が苦手な方もいるとおもいますが、ランニングマシンは自分のペースで行えて無理な運動にならないので、苦手な方でも気軽に行える運動です。

慣れてくれば少しずつ時間を長くて、走れる距離を伸ばしてみましょう。
走れる時間・距離・速さが伸びてくると、走るのが楽しくなって来たり、爽快感が得られる様になりますよ。

どうですか?走りたくなって来ましたか?
その気持ちが出てきたらスポーツジムや外に走りに行ってみてはいかかでしょか。

関連するまとめ

家でも出来るサーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニングは、筋トレなどの高強度のワークアウトを行いつつ、有酸素運動も間に挟むトレーニング方法で…

このタイミングでの筋トレはやめよう

1日のうちで筋トレにおすすめの時間帯があれば、反対に筋トレを避けるべき時間帯もあります。