アメリカ発祥のブラックフライデー。
大型セールを行う週末ですが、年々と日本でも広がりつつありますのね。
ただ、ブラックフライデーってなんぞや???
ってとこで調べてみました。

ブラックフライデーの概念

ブラックフライデーとは、アメリカでの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜の事を言います。

正式な休暇日ではないですが、休暇日になる事が多い日であり、伝統的に1年で買い物が多く行われるクリスマス商戦の開始のであり、さらに当日は感謝祭プレゼントの一掃セールの日でもあります。

この一掃セールの日に人がごった返し、道路や道が人で溢れ仕事が増える為、フィラデルフィアの警察が「真っ暗な金曜日」と呼んだ事がきっかけとの事です。
今はこの解釈も変わり、小売業者が儲かる。黒字になる金曜日。
という解釈でブラックフライデーと呼ばれているようです。

近年は日本でも企業がブラックフライデーを開催

このブラックフライデーでを日本でも導入しようと、経団連が中心となって動いている日本。
感謝祭といったイベント文化が日本ではないので、時期をいつにするかの課題があり、旧正月で来日する中国人をターゲットとし2月。
または、シルバーウィークに絡めた9月と候補があったようですが、各企業アメリカと同じ時期に開催してきていますね。

今年も多くの企業がブラックフライデーを開催し大型セールを行っているようですので、調べてみてはいかかでしょうか。

関連するまとめ

スポーツクラブ選びのポイント。企業運営と公営運営の違いは

企業が運営しているスポーツジムと、公営運営しているスポーツジムの違いやポイントをお話しします。

夏の暑さに「打ち水」!環境やエコの観点から見直されています!

これからますます暑くなってきますが、いま「打ち水」が注目されているようです。

今埼玉で最も発展著しい街!武蔵浦和

「埼玉の武蔵小杉」こと武蔵浦和の魅力をご紹介します。