グリーンカーテンとは

グリーンカーテンは夏の暑さ対策の一つ。
室内の温度上昇を防ぐために、建物の壁や窓、窓周辺の地面を直射日光から遮るように、つる性植物を繁茂させるものです。

日よけをしながら風通しをよくする、伝統的な簾(すだれ)やよしずと似た効果があり、植物は根で地中の水分を吸い上げて葉から蒸散するため、温度上昇を抑える効果をいっそう高めてくれます。

グリーンカーテンに適した植物は、設置する場所に応じて一年草と、多年草、つる性の木本を選択する。
一年草では、ツルレイシ(ニガウリ)、ヘチマ、キュウリ、フウセンカズラ、アサガオ、ユウガオ、インゲンマメ、ヒョウタンなどが一般的です。
多年草には、冬に葉が落ちるつるバラ、キウイフルーツ、ヘンリーヅタなどがあります。

環境省は地球温暖化防止国民運動の一つとして、グリーンカーテンプロジェクトを推進していて、グリーンカーテンの設置によって約80%の熱エネルギーを遮ることができるといわれています。

ゴーヤと朝顔がおすすめ!

ゴーヤは5月上旬から5月下旬ごろに種まきをしますが、苗を買ってきて植え付けると更に失敗がないようです。
温暖地での収穫は7月中旬から10月下旬と長く、緑のカーテンとゴーヤの美味しさが両方楽しめます。

朝顔は夏の暑い気温と日差しでどんどん育つので、夏にはぴったりです。
この朝顔の緑のカーテンを作れば、風通しの良い空間が出来上がります。
種まきは4下旬から5月下旬と言われていますが、6月や7月でもよく育つそうです。

意外なあれもグリーンカーテンにおすすめ

緑のカーテンで意外なものが実はオススメです。
それは果物の緑のカーテンで、パッションフルーツです。

パッションフルーツは苗を5月下旬から6月下旬くらいに植え付けると、7月上旬から8月下旬にはもう身が食べられるそうです。
甘酸っぱい香りとトロピカルな風味のパッションフルーツはとても美味しく、栄養もビタミン、ミネラル、βカロチン、カリウム、ナイアシン、葉酸など満点です。
パッションフルーツはトケイソウの一種で。時計のような形をしていて、花でも身でも楽しめます。
暑さに強い植物で、葉っぱに光沢があるので緑がとても綺麗だそうです。
ただ、小さい苗で始めると丈が育たず、寂しいカーテンになってしまうようです。
なので、1メートル以上の大きな苗で始めると良いそうです。
パッションフルーツは成長が早いので、立派な緑のカーテンが作れます。
1本で果実がたくさんなるそうで、その1本で30〜100個の身をつけるので、
大きな苗で植え付けた方が良いです。
普通の家であれば苗は2本で十分のようです。

ちょっと人があまり作らないパッションフルーツで緑のカーテンを作って、
夏を涼しく、そしてパッションフルーツを食べて元気に夏を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

娘とデート!何処に行こう?

春になった!って言っていいのかな?春を感じ楽しめるところを探してみます。

男性も急増中冷え性対策のポイントは自律神経にあり?!

実は私も冷え性 最近では男性も冷え性に悩まされている方も少なくはないかと そんな冷え性の方々に対策を!

10月に行われるお祭りを紹介します。ぜひ見たことがない人はご覧あれ。その21

津の宮(魚吹八幡神社)の祭りの名物の提灯練りは、御祭神の「お旅提灯」としての宵宮に行なわれる。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。