ウィンブルドンの選手服装規定

1・選手は、会場エリアに入る際には、ほぼ全体白のテニスに適切なウェアを着用すること。

2・オフホワイトやクリームは白に含まれない。

3・全体に色が入ったものは禁止。首回り、袖回り、1センチ幅以下の色付きシングルトリムは許容。

4・模様に含まれる色も規制対象です。ロゴを不適切な素材で作ったり模様化するのは不可。

5・トップスの背中側は白だけとする。

6・ボトムは幅1センチ以下の外側の縫い目以外は白だけとする。

7・帽子、ヘッドバンド、バンダナ、リストバンド、靴下は1センチ幅のトリム以外は白だけとする。

8・シューズは、底も含めてほぼ全体白とする。大きなブランドロゴは奨励しない。グラスコートシューズの規定はグランドスラムルールに同じ。つま先周りにピンプルのあるシューズは不可。つま先のフォクシングはスムースであること。

9・プレイ中に見えるまたは見えるかもしれない下着は幅1センチ以下のトリム以外は白であること。汗により見える場合も含まれる。さらに、常識的な品性をいつも保つこと。

10・どうしても必要な場合を除いて医療用のサポート品も白を身に付けること

『お・も・て・ま・し』の精神の白

ウィンブルドンのテニス大会は、「社交」の場で行われるスポーツとして始まった。テニスはお上品で観戦が楽しいスポーツだった。

ところが、テニスの技術が向上するにつれ、動きも大きく多くなって行き、見過ごすことのできない問題が生じることとなった。
「汗」である。
「汗」は、イギリスの社交場には全くそぐわないものと考えられた。よってウェアに現れる「汗滲み」は「たいへん見苦しいもの」と考えられた。
特に女性選手にとってはなおさらであった。

当時は、女性が汗をかいているところそのものが、決して他人に見られてはならないことであったという。まして「汗滲み」などとうてい社交場には「不適切」な「恥ずべきもの」と考えられたのである。
「汗滲み」は選手たちを悩ませる難問となった。
この難問をスッキリと解決したのが「白いウェア」である。
白い布は、ほかのどの色よりも汗滲みが目立たないのだ。
こうして、選手たちは、「白」の着用を選ぶこととなった。

白い服を着ることで、見苦しいものを目に入れることなく、社交場の皆がテニスを楽しめるようになった。
白いテニスウェアは、いわばウィンブルドン流「おもてなし」の心が産んだ誇るべき知恵であったのである。

関連するまとめ

スマトラの森をまもり、地球温暖化をくいとめよう 『第49回愛の泉』

東京・銀座 ソニービルでは、12月1日(木)~2017年1月9日(月・祝)の期間、ソニーグループ22社2財団…

まだまだ間に合う!2018年は「チョコレート系」のクリスマスケーキに注目!

インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」は、近づきつつあるクリスマスの準備として、クリスマスケーキ…

経済的大ダメージを受けている地方都市をメルペイがキャッシュレスでサポート

新型コロナの影響で観光客が大幅に減少するなど、経済的に大きなダメージを受けた地方都市をメルペイがサポートする…