はじめに

フラメンコと聞くと自然にスペインをイメージしますよね。
しかしながら、フラメンコがどんなダンスなのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか?
今回はフラメンコの歴史とどんなダンスなのか少しですが紹介したいと思います。

フラメンコの歴史

15世紀の中ごろスペインの南部、アンダルシア地方に住みだした古くはインド北西部に発祥の地を持つ放浪の民、ジプシー。この放浪の民ジプシーが、アンダルシアに伝わった舞踊音楽を彼ら流に作り上げたもの、または彼らの影響の下に演唱され始めたものが、フラメンコです。スペイン各地にはいろんな舞踊がありますが、フラメンコとは、特に南部アンダルシア地方で、ジプシーの関与したものをいいます。
 スペインでも一番南方のアンダルシア地方は、地理的な特色もあって古代都市がさかえ、古くからさまざまな地域との公益が盛んな土地であり、このためアンダルシアの音楽は、インド、アラブ、ユダヤ、ギリシャ、アスティーリャ等の音楽文化影響を受け、非常にエキゾチックな魅力を放つものでした。アンダルシアへやってきた一部のジプシーの民が自らの音楽とアンダルシア土着の音楽をミックスして作り上げたものが、今日のスタイルに一番近いフラメンコだといわれています。

フラメンコ

踊りがもっぱら中心的にとらえられるフラメンコも、あらゆる民族音楽と同様に、歌(カンテ cante)がその発祥の根を作ったと言われています。
仲間内の喜びや悲しみの吟じ合いからおのずとリズムと旋律が生まれ、ギター(guitarra) という身近でプリミティブな楽器が加わり、興がのれば男も女も踊り(baile)だし・・・やが て洗練、形式化されて行ったのが、現代のフラメンコの大本の形と考えられています。 その誕生の歴史は意外と浅く、19世紀初頭とも言われます。

発達した形をもったフラメンコはやがて、カフェカンタンテ~タブラオ(いずれも観客が飲 み食いしながらフラメンコを観る舞台つきの飲食店)などで上演されるようになり、スペイ ン固有の芸能として大きく発展をとげました。多くの歴史に残るアーティストがうまれたの が黄金期ともいわれる20世紀前半。
また、テレビ普及の時代と相まってカンテのカマロン・デ・ラ・イスラやギターのパコ・デ・ ルシアなどの革命的アーティストが出現、フラメンコの認知度は世界的に広がりました。 さらに、バイレ(舞踊)を中心に舞台芸術としてあらたな発展をとげようとしているのが現代 のフラメンコと言えるでしょう。
インターネットの普及により、フラメンコは近年、身近なワールドミュージック、ダンス芸術 としてその存在を認められつつあります。スペインのフラメンコも、年々変貌をとげています。
しかし今もなお、家族や仲間同士でテーブルを囲んで、歌い、奏で、踊りながら楽しむという原初の喜びが、この芸能の根幹を支えていることに間違いはありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

誕生日花は毎日ある!7月30日の誕生日花を紹介

誕生日花を知っている人は少ないのではないでしょうか。 誕生『日』花と、名前が付くぐらいなので、1日1日に誕生…

フルーツの王様はドリアン!では、フルーツの女王はいったいなんの果物でしょうか

フルーツの王様は強烈な匂いのドリアン。でわ、フルーツの女王はなんのフルーツになるのか知っていますか?

愛知県の地ビール「Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)」

クラフトビールを初めて飲んだときに感じた いままでに飲んだことのないビールの味への驚きと感動、 飲みすすめる…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。