毎年日本を厚く盛り上げてくれるプロ野球
今年も多くの選手が日本を盛り上げてくれるでしょう。

そんなプロ野球の長い歴史において、シーズン打率の歴代ランキングを調べてみました。
あんな選手やこんな選手などがトップ10にはいっていましたので、簡単に紹介していきたいと思います。
今回は第6位の発表です!

第6位 打率.3781 1989年 巨人・クロマティ

第6位は巨人史上最強助っ人クロマティです。
巨人ファンだけではなく、他球団ファンにも人気のあった、愛すべき助っ人でした。

歴代6位を記録した1989年シーズンは、4割を打って引退すると宣言。
その宣言通り、シーズン規定打席到達時時点で打率4割を超えていました。
その後数字を落としてしまい、4割で終えることは出来ませんでしたが、96試合まで4割を維持。これは広瀬叔功の89試合を抜くプロ野球最長記録です。

1989年の打率.378は巨人の球団記録。
もちろん首位打者獲得。それだけではなく出塁率.449で最高出塁率のタイトルを獲得して、タイトル二冠。
チームも日本一となった同シーズンには、20勝を挙げたチームメートの斎藤雅樹を抑えてMVPも受賞した、クロマティのキャリアの中でも輝きはなったシーズンでないでしょうか。

1989年はこんなシーズン

クロマティの成績を調べながら、1989年シーズンはどんな事があって調べてみたら、今も語り継がれることが多いその日本シリーズのシーズンでした。

これだけでわかる人にはわかるでしょう。
そうです。
巨人対近鉄の日本シリーズ。
巨人の3連敗からの4連勝で、巨人優勝で終えたシーズンでした。
スコアを見てみましたが、初戦からの3戦は1点差・3点差・3点差で圧倒的に近鉄が勝ってるわけではないんですよね。
試合内容は知らないんで何とも言えませんが。

ここから、5点差・5点差・2点差・3点差で巨人が捲ったわけですが、最後の二試合は近鉄ホームの藤井寺球場で試合でしたので、これは勝った巨人がアッパレですね。

意外だったのが、巨人にとってこのシーズンの日本一が8年ぶりだったんですよね。
なかなか日本一になれない時期もあったんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

歴史に残るプロ野球オールスターゲーム名場面5選

プロ野球の過去のオールスターゲームの名場面をまとめてみました。

「全力って、おいしい。」「アクエリアス」新キャンペーンに大谷翔平選手が登場!5月13…

コカ・コーラシステムは、スポーツ飲料ブランド「アクエリアス」の新TVCMの全国放映をはじめ、デジタルキャンペ…

歴代連続出場記録保持者に挑む!?阪神タイガースの鳥谷選手!

ここまで好調の鳥谷選手。輝かしい記録まであと一歩z、

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。