広島カープ 8-1 読売ジャイアンツ

広島カープが終盤の猛攻で2連勝。
広島カープは初回、ジャイアンツのマギー選手のタイムリーヒットで先制を許すも、3回に相手のミスで同点に追いつく。同点で迎えた6回、鈴木選手のホームランで勝ち越しに成功すると、7,8回にも得点を重ね、終わってみれば8-1の快勝。投げては先発の九里選手が6回を1失点に抑える好投で3勝目。ジャイアンツは初回に先制点をあげるものの、その後が続かなかった。

この試合のヒーローは九里選手。
この試合、6回を1失点に抑える好投で今シーズン3勝目。この試合が始まる前、ここ3試合の九里選手は調子が上がらず、最近4試合で0勝3敗で、18失点。4/9から勝ち星が遠ざかっていた。そして、今回はジャイアンツ相手に好投。その好投が打撃陣の士気を上げ、終盤の猛攻に繋がったのだと感じた。

ヤクルトスワローズ 5-1 中日ドラゴンズ

ヤクルトスワローズ・荒木選手の満塁ホームランでサヨナラ勝ち。
ヤクルトスワローズは初回、中日ドラゴンズに先制点を許すも、2回に西浦選手の内野ゴロの間に同点に追いついた。同点で迎えた9回、2アウト満塁のチャンスで荒木選手が満塁ホームランを放ち劇的なサヨナラ勝ちを収めた。ヤクルトスワローズ4番手の秋吉選手が今シーズン4勝目。破れた中日ドラゴンズはチャンスを作るも生かすことができなかった。

この試合のターニングポイントは9回の中日ドラゴンズの攻撃。
前の試合、ヤクルトスワローズの秋吉選手は9回に逆転ホームランを打たれていた。この試合も先頭打者を出塁させてしまい、2アウトながら1,3塁と一打出たら勝ち越しのピンチになっていたが、今日はしっかり抑えることができた。このピンチを脱したことにより、9回の逆転サヨナラに繋がったのかと思う。

DeNAベイスターズ 2-4 阪神タイガース

阪神タイガースが接戦を制し、連勝。
阪神タイガースは初回、DeNAベイスターズのロペス選手のタイムリーヒットで2点を奪われるも、2回に鳥谷選手のタイムリーヒット、北條選手の犠牲フライですぐさま同点に追いついた。その後、両者譲らず同点で迎えた9回、阪神タイガースは0アウト1,2塁のチャンスを作り、福留選手がタイムリーヒットを放ち勝ち越しに成功すると、糸原選手にもタイムリーヒットが飛び出し試合を決めた。阪神タイガース2番手のマテオ選手が好リリーフで今シーズン3勝目。破れたDeNAベイスターズは抑えのパットン選手が誤算だった。

この試合のヒーローは福留選手。
この試合、2回の得点圏のチャンスに凡退していた。9回の打席までノーヒットと4番の仕事ができていなかったが、3回目のチャンスでようやく4番に仕事を果たすことができた。40歳のベテラン選手の活躍で阪神タイガースは貯金も今シーズン最多の10。34試合目での到達は、セリーグを制覇した03年の33試合に次ぐ速さ。今シーズンの阪神タイガースに快進撃に今後も期待です。

5月16日の試合

【広島カープ 対 DeNAベイスターズ】
予告先発
広島カープ 野村選手
DeNAベイスターズ 濱口選手
尾道 18時プレイボール

【阪神タイガース 対 中日ドラゴンズ】
予告先発
阪神タイガース 秋山選手
中日ドラゴンズ 鈴木選手
甲子園 18時プレイボール

【読売ジャイアンツ 対 ヤクルトスワローズ】
予告先発
読売ジャイアンツ 菅野選手
ヤクルトスワローズ ブキャナン選手
東京ドーム 18時プレイボール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

4月11日プロ野球結果〜セ・パリーグ〜

4月11日のプロ野球結果です。 広島東洋カープ8連勝。オリックスバファローズ6連勝。千賀選手好投。

開幕一軍なるか!?来シーズン注目のドラフト入団選手〜野手編〜

2017年にドラフトで指名された注目選手を紹介していきます。

1家族一回限りの無料サンプル請求

カメレオン

よろしくお願い致します。