毎年日本を厚く盛り上げてくれるプロ野球
今年も多くの選手が日本を盛り上げてくれるでしょう。

そんなプロ野球の長い歴史において、シーズン打率の歴代ランキングを調べてみました。
あんな選手やこんな選手などがトップ10にはいっていましたので、簡単に紹介していきたいと思います。
今回は第7位の発表です!

第7位 打率.03780 2008年 横浜・内川聖一

歴代7位は今シーズンからヤクルトに活躍の場を移した、内川選手でした。
歴代トップ10のなかで、唯一の現役選手で一番新しい成績です。

個人的にはブレイクしそうでなかなかしない。
レギュラーとれそうでなかなかとれないという印象を内川選手に抱いていなかで、完全にブレイクイヤーとなったこのシーズンが、歴代7位に食い込む打率を残してくれました。

右打者としては1999年のロバート・ローズを抜き、日本人選手のセ・リーグ記録も更新する打率.378を記録(従来は1951年、読売ジャイアンツの川上哲治の.377)
自身初の首位打者に輝いた。
同シーズンは最多安打(189安打)、最高出塁率(.416)のタイトルも獲得した他、得点圏打率は両リーグトップの.449を記録した。

セ・パで成績を残す

今年からホークスからヤクルトへ移籍。
横浜・ホークスに続いて3チーム目となりますが、セリーグでもパリーグでも好成績を残すのが内川選手です。

ホークス移籍初年度に首位打者を獲得。
両リーグで首位打者を獲得したのは、内川選手と江藤慎一の2名のみ。
また、ホークス2年目には最多安打を獲得。
両リーグで最多安打を記録したのは、内川選手と『喝』で有名な張本勲の2名のみの記録です。

ホークス移籍から4年連続打率3割を残し、横浜時代から合わせて7年連続打率3割を残すという輝かしい成績を残しています。

20年目のキャリアとなる今年は、再びセリーグでのシーズンとなります。
2010年シーズン以来の、セリーグでの内川選手の活躍に期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

野球の常識が変わりつつある?「2番打者最強論」とは?

今、野球界では2番打者は強打者を置いた方がいいらしいです。

2年連続の二桁勝利の菊池雄星!埼玉西武ライオンズ6連勝

昨晩も勝って埼玉西武ライオンズの連勝は6に。本日は千葉ロッテマリーンズ戦ですね。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。