知らない人がいないであろうコラーゲン。
薬局でなどで販売されているコーナーは、ほぼ美容コーナーだと思います。
もちろん美容効果が高い成分であるのですが、コラーゲンの効果はそれだけにあらず!
運動をする男性にも勧めれる成分なのです。

筋肉へのアプローチ力

コラーゲンペプチドを摂取することによる効果のなかで、筋肉へのアプローチが注目を浴びています。

長時間運動を行うと、筋肉は酸化や膜組織の微傷、炎症反応による筋肉の障害が発生し、筋肉内でのたんぱく質の損失を引き起こします。
運動した後で高タンパク質を摂取することにより、筋肉の同化作用が強化され、損失したたんぱく質を補強し、筋肉内のたんぱく質含有量を維持・修復することができます。
そうすることで、筋肉の回復時間を短縮することができます。

また、筋肉の収縮を補助にも効果があます。
筋肉機能は、アデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれる混合物が、分解される時にでる、エネルギーに影響されます。
クレアチンは、3つのアミノ酸であるグリシン、アルギニン、メチオニンから成る分子です。高負荷の運動中に筋肉の収縮を補助し、消費されたATPレベルの回復をサポートします。
コラーゲンペプチドには20%のグリシンと8%のアルギニンが含まれており、短時間で運動パフォーマンスを向上させる為、体内でのクレアチンの生成をサポートします。
また、スポーツ選手の体重増加を促進する効果もあるといわれています。

パフォーマンスの向上

アルギニンサプリメントは、ほんの少量であっても運動能力に対し有益な効果をもたらします。
コラーゲンペプチドの場合、1日に10gの摂取が奨励されております。
継続することで、毎日、約1gのアルギニンが体内で生成されます。
最新の研究では、5週間に渡り週5日間は1gのアルギニンとオルニチンを摂取することで、運動能力が強化されることが明らかになりました。
研究では、アルギニンが下垂体から成長ホルモンを放出することによりパフォーマンスを向上させると推測されていますので、運動能力向上を目指している方は、継続的にコラーゲンペプチドを摂取してみても良いかもしれないですね。

近い将来運動中に必要不可欠になる

女性だけが好む成分と思われがちだったコラーゲンですが、近年の研究結果で、運動中や運動後にも効果のある成分と解明されてきました。
近い将来、運動中のドリンクにコラーゲンが入っているのが、当たり前となっているかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あなたの体は固い?柔らかい?柔軟性の大切さを知ろう!

特に男性に多いと思いますが 体が固いとケガにも繋がります。 今回は柔軟性の重要性をご紹介! これを機にストレ…

自転車通勤始めてみませんか?

ストレスフリーの通勤生活!

初心者ランナーの半数以上が“歪みランナー”!?ランニングフォームに関する実証実験結果…

日本シグマックス株式会社は、男性17名、女性14名、計31名の”初心者ランナー”を対象に「ランニングフォーム…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。