腸活には「ヨーグルト」がオススメ!

腸内環境を改善するには、乳酸菌をはじめとする善玉菌を多く含む発酵食品を食べるのがいいんです。発酵食品を食べることで、腸内の善玉菌を増やすことができます。

乳酸菌を含む発酵食品には漬物やチーズ、キムチなどがありますが、手軽にとれる「ヨーグルト」が一番のオススメです。種類も豊富で飽きにくく、コンビニなどで簡単に手に入れることができるのもメリットですね。毎日、習慣として続けやすいという点からも、腸活の第一歩として「ヨーグルト」を食べましょう。

腸の善玉菌を増やしてくれる乳酸菌を、朝と晩にヨーグルトを食べることで補ってあげるのが、一番手軽に始められる腸活です。ヨーグルトを毎日の食習慣に加えて、内側から美しい肌を育てていきましょう。

オススメの摂取量と時間帯とは

「ヨーグルト」の摂取量は、1日約200gが理想的と言われています。朝と夜に食べるなら、約100gずつ食べましょう。ドリンクタイプでも大丈夫です。ダイエット中の方など、脂肪分を気にされている方は、低脂肪タイプのヨーグルトにしましょう。

摂取する時間にもオススメがあります。肌に再生・修復が行われるゴールデンタイムがあるというのは有名ですが、腸にもゴールデンタイムがあるんです。“腸のゴールデンタイム”は、起床から15〜19時間後です。朝7時に起床したとすると、夜10時〜深夜2時となります。この時間帯にヨーグルトを摂りましょう。

まずは“夜ヨーグルト”から始めてみましょう!

腸内環境を整えるには、朝晩で約100gずつヨーグルトを食べるのが理想的と言われていますが、腸内環境が乱れている人が朝にヨーグルトを食べると、最初のうちはおなかが膨れたり、おならが出やすくなったりすることがあるそうです。これらの現象は、ヨーグルトを食べたことで腸のぜん動運動が活発になり、ガスが発生することで起こります。

朝にヨーグルトを食べると膨満感があるという方は、最初は夜だけ食べて、腸内環境が整ってきたら朝と夜に変えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ブロッコリーの力

ブロッコリー 美味しいですね

体に必要不可欠とされているミネラルって何ですか?②

ミネラルは体内で生成ができない栄養素なので、日頃から食べ物や飲み物などで補う必要があるそうです。

焼いてよし、揚げてよし、生でも美味しいアジ。どんな効果があるのでしょうか。

現在でもアジフライ、朝食からお酒のおつまみまで使いまわせる鯵の干物など、アジは日本の食卓の定番。鯵の押し寿司…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。