動脈硬化を進め、重大な疾患を引き起こす原因にもなるコレステロール。正常な基準値を超えた場合は、改善する方法を検討しましょう。

コレステロール値が基準値を上回ったり、下回ったりする脂質異常症となった場合は、生活習慣や食事によってコレステロールを正常にする改善策を考えましょう。適度な運動やストレスの解消などによってコレステロールを改善する方法もありますが、現在は食生活によるコレステロール改善が注目されています。

悪玉コレステロールを下げる食事

食事でLDLコレステロールを下げるには、コレステロールを血液中から減らす、体外への排泄を促す、肝臓でのコレステロール生成を抑制する食事が効果的だと考えられています。

【DHA・EPAが効果的】

青魚などに含まれるDHA、EPAといった成分が効果的だと考えられています。DHAとEPAは、LDLコレステロールを減らすだけでなく、HDLコレステロールを増やす働きもあります。また、肝臓での中性脂肪の合成を抑える働きもあるので、結果的にLDLコレステロールを減少させることができます。しかし、現代の食生活では、肉を食べる機会が多く青魚などを食べる機会が少ないため、DHAやEPAを十分に摂取できていないと思われます。肉や脂質を控え、意識的に魚(青魚)を食べる意識を持ちましょう。また、食事で摂れなかった場合には、サプリメントなどの補助食品で補うこともおすすめです。

【リコピンとレシチン】

トマトに含まれるリコピンは、HDLコレステロールを増やす働きがあり、結果的にLDLコレステロールを減らすことも期待できます。また、卵や大豆に含まれるレシチンには、血管壁に付着したコレステロールを取りのぞき、肝臓に戻すHDLコレステロールの活躍を助ける働きがあります。肝臓に戻ったLDLコレステロールは排泄処理されるため、血中のLDLコレステロール値は下がることになります。

【食物繊維も効果的】

食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、水溶性の食物繊維を摂ると、食事で摂取されたコレステロールの吸収を防ぐことができ効果的です。水溶性の食物繊維は、にんにく、ごぼう、納豆、アボカド、オクラなどの食品から摂取できます。

コレステロールを増やさない食事

普段の食事では、知らないうちにたくさんの食品からコレステロールを摂取しています。特にコレステロールが多く含まれている食品は、卵、レバー、魚卵、うなぎ、生クリーム、プロセスチーズなどです。コレステロールは細胞を作る素材のため、卵、魚卵などに多く含まれます。また、肝臓で生成されているため、動物の肝臓(レバー)にも多く含まれ、脂肪を多く含む乳製品にも含まれています。これらの摂取を控えることで、コレステロールの上昇を抑えるように心がけてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ピーナッツの効果が凄い

ピーナッツと聞いてあなたは何を思い浮かべましたか?

あなたの骨は大丈夫?食生活で骨を強くする!

健康や食生活への関心が高まる一方、骨の形成に必要なカルシウムは、20年以上も日本人が不足している栄養素とされ…

身近に潜む危険栄養素!トランス脂肪酸とは?

食べるプラスチックともまでも言われています。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。