「加齢臭」が起こる原因とは

「加齢臭」の原因は、ノネナールという成分であることがわかっています。ノネナールは、汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸(バルミトオレイン酸)が酸化したり、皮膚にいるバクテリアがこれを発酵させることで生まれる物質です。

ノネナールは、20歳代~30歳代ではほとんど確認することができず、40歳代を過ぎたころから分泌が多くなるようです。これは、40歳以降になると皮脂腺から分泌される脂肪酸に「9-ヘキサデセン酸」が含まれるようになり、この「9-ヘキサデセン酸」が酸化・発酵することでノネナールが精製されるため、加齢臭は40歳代以降に多いそうです。

「加齢臭」は男性だけのものではない!

「加齢臭」というと、男性のイメージが強いですね。実は男性ホルモンに皮脂の分泌を活発にする働きがあるため、加齢臭が起こりやすくなるそうです。これに対し、女性は一般的にノネナールの発生は少ないのですが、ホルモンバランスの乱れなどで加齢臭が気になることもあるそうです。

ちなみに、男性は、家族や他の人から指摘されたことで加齢臭に気づくことが多いのに対して、女性は、加齢臭がしている気がして心配と自ら臭いについて悩むケースが多いという傾向があるそうで、結果として加齢臭に悩む人の数は性別によってあまり変わらないようです。

「加齢臭」が発生する部分とは

「加齢臭」の臭いは、皮脂腺が多い部分に発生しやすく、頭・耳・耳の後ろ・首の後ろ・胸・背中があげられます。中でも一番臭いが出やすいのは、耳の後ろで、その次に頭がになるので、特有の枕の臭いの原因にもなっています。

また、シャツなどの衣類の衿元に臭いが溜まりやすいという特徴もあるため、首まわりの臭いにも注意が必要です。ただ、皮脂腺の多い場所も個人差があるため、加齢臭が発生する場所も人によっては異なるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

お鍋のつけダレや、しらすや大根おろしに合わせたり、あん肝をさっぱりといただくにはは欠…

ポン酢はすだち(酢橘)などの柑橘類と醤油を合わせた合わせ酢で、ポン酢醤油とも呼ばれています。 お鍋のつけダレ…

油は身体の必需品!身体にいい油、悪い油を知ろう!

油は身体に悪い?でも、油は悪ではありません。身体のために取っておきたい油もあるんです。体にいい油、悪い油を知…

熱中症と間違えやすい!「夏血栓」とは

「夏血栓」ってご存知ですか?熱中症と症状が似ていいて、見過ごされることが多い症状です。最悪の場合、命の危険に…

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。