「熱中症」とは

「熱中症」とは、気温が高い環境で生じる健康障害の総称です。体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温調節が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

熱中症になった場合には、速やかな対処が必要です。重症度に応じ、熱中症はⅠ度からⅢ度まで分類されています。熱中症の約60%はⅠ度。脱水が進んでいますが、体温調節機能が破綻して体温上昇するのはⅡ度以降。Ⅱ度以降は症状が重篤になります。体温が上がらないⅠ度の段階で対処することが大切なんです。

「脱水症」とは

「脱水症」は、水と電解質(塩分が水に溶けたもの)で構成される体液が汗で失われ、その補給ができていない場合に生じます。脱水症になると血液の量が減少、血圧が低下、必要な栄養素が体に行き渡らなくなり、不要な老廃物を排出する力も低下します。骨や筋肉から電解質が失われると脚がつり、しびれが起こることもあります。

脱水症を放っておくと、“熱中症”に移行しますので、熱中症対策の基本は脱水症対策と言われています。

「かくれ脱水」とは

「かくれ脱水」は、自覚症状のない“脱水症の初期の状態”になります。脱水症が進行するまで明確な症状が出にくく、早い段階で有効な対策がとれない場合が多いのです。高齢者の熱中症予防は、かくれ脱水への対策がポイントになると言われています。

高齢者が脱水症をおこしやすい環境をできるだけ改善し、外気との温度差がある環境での体温調整の工夫をしてください。食事などで防衛体力を保持することも大切です。座って立ち上がるときにふらついていたり、お話ししていて口が重くなったり、おしっこの回数がいつもより減っている、尿の色が濃くなっているのも水分不足のサインになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

3月18日は睡眠の日!医師に聞く!睡眠の質を良くする12のコツ

日本の睡眠時間は世界的にも短く、1日の平均睡眠時間が442分と2019年には最短水準※1になっています。眠れ…

血圧が正常値でも仕事中は約4割の人が高血圧になっている!

健康診断をクリアーしたと思って油断していると危ないですよ。

虫歯になりやすい人となりにくい人の違い

毎日の歯磨きを念入りに行うなど、かなり歯の健康に気を使っている方でも、虫歯になってしまう方が案外多いというこ…

関連するキーワード

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。