タン

●特徴

牛の舌。舌の付け根(タンモト)は、脂肪がのった霜降り状の柔らかな部位。鮮度の良いものは刺身として食べれるほどです。焼肉ではこの部分を使う事が多い。また、じっくり煮込むと柔らかくなり独特の風味があるのでタンシチューも使われる。

肩(ざぶとん・とうがらし・みすじ・さんかく)

●特徴

うでの部分を総称して「肩」と呼んでいますが、みすじ、さんかく、とうがらしなど数多くの筋肉の集合体です。肉色は濃いめ。 うまみ成分が豊富で、味は濃厚。エキス分やゼラチン質が多い部位です。

肩ロース

●特徴

最も大きな部位のひとつ。霜降り脂肪が適度にあり、風味が良い。きめが細かく旨みが濃いので、薄切りにしてすき焼きや焼肉に最適な部位です。

リブロース

●特徴

胸最長筋の最も肉厚部分の部位。サシが入りやすくきめが細かい。柔らかく脂の濃厚な旨みがあります。 ステーキ、すき焼きやしゃぶしゃぶに向いています。

ヒレ

●特徴

サーロインの脊椎内側の細長い筋肉部分の部位。とても柔らかくて脂肪が少なく上品な味が特徴。一頭の牛でヒレの占める割合はおよそ3%の希少部位で、サーロイン、ロースと並ぶ高級部位。ステーキ、ローストなどにおすすめです。

サーロイン

●特徴

リブロースからモモに続く部位。柔らかく甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いのが特徴。あまりの美味しさにサー(Sir)の称号を授けられたことからサーロインと呼ぶようになったと言われている。 ステーキはもちろん、しゃぶしゃぶ、すき焼き、そしてローストにもおすすめです。

ランプ

●特徴

サーロインにつながる部位。腰からお尻にかけての大きな赤身で、肉のきめが細かく風味もあり柔らかい。赤身肉として貴重な部位。 上質な部位はユッケなどにも使われます。その他にもステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなどいろいろな料理に合います。

イチボ

●特徴

サーロインにつながる部位。腰からお尻にかけての大きな赤身で、肉のきめが細かく風味もあり柔らかい。赤身肉として貴重な部位。 上質な部位はユッケなどにも使われます。その他にもステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなどいろいろな料理に合います。

テール

●特徴

しっぽ部分。いわゆるテールスープに使われている部位。よく煮込んで骨髄の部分がゼラチン状になると、とても美味しくなります。 コラーゲンたっぷりなので、美肌効果もバッチリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

北陸へ訪れたら食べておきたい魚

北陸の海は海鮮の宝石箱や〜

ドライフルーツ

ドライフルーツは色んなフルーツから作れるので、飽きずに食べれたりする事も楽しめますね。今回はそんなドライフル…

リオ五輪のお供に ~おすすめのブラジリアン料理~

さぁ、リオオリンピックの開幕です。時差はあるものの割と見やすい時間に行われる協議が多いのではないでしょうか。…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Yuta

筋トレ、走ること、食べることが好きです。