朝に「チョコレート」を食べると集中力がアップする?!

ここ最近、その効果が話題になっている「チョコレート」ですが、朝に食べるといいらしんです。朝食で大切な役割の一つが、起きたての脳を目覚めさせることで、これに効果的なのはブドウ糖を摂取することと言われています。実は「チョコレート」にはブドウ糖が含まれていて、脳の血量を上昇させて、活動を活発にしてくれるそうです。

しかも、能率アップにも効果的と言われています。「チョコレート」の成分はブドウ糖のほかにもたくさんあり、能率アップに関係するのは、テオブロミンとフェニルアセトアルデヒドという成分です。テオブロミンは大脳皮質を刺激して記憶力や思考力が高まると言われています。さらに自律神経を調節して、心理的なストレスの抵抗力を高める働きもあるのだそうです。これにより朝食べることで、1日のストレスも少なく済むかもしれません。また、フェニルアセトアルデヒドは、チョコレートの香りの源とされていて、中枢神経系に作用して集中力や記憶力を高めると言われています。

朝から「チョコレート」って太らない?

朝から「チョコレート」なんて食べたら、太るんじゃないかと心配される方も多いかと思いますが、朝のチョコレートは、ダイエットにも効果があると言われているから驚きです。

これは、朝に糖分のエネルギーを摂取することで、1日のエネルギー効率があがるためと考えられていますが、加えて、チョコレートの原料であるカカオには、ポリフェノールや食物繊維のほか、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。そのため血液がサラサラになって代謝を高める効果もあるんです。

もちろん「チョコレート」を食べ過ぎると太る原因にはなりますので、量には十分注意してください。そしてあまり砂糖が加えられていないものを選ぶとよいでしょう。

「チョコレート」の原料には驚きの効果がたくさん!

「チョコレート」の原料となるカカオは、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛など多くのミネラルを含んでいます。特に亜鉛はレプチンの分泌を促してくれます。レプチンは肥満や体重増加の抑制をして、食欲や代謝の調整を行うペプチドホルモン。亜鉛をとることで太りにくさをサポートしてくれます。また、抗酸化作用のあるポリフェノールのなかでも、カカオの持つカカオポリフェノールは特に悪玉コレステロール、LDLの酸化をよく防ぎ、血管をしなやかにしてくれます。血液の循環がよくなることで代謝とストレスへの抵抗力が高められ、体内のダイエット環境が整えてくれます。

タンニンと食物繊維が豊富に含んでいることで、腸内環境を整えて余分な老廃物が排泄されて便秘を解消してくれたり、リパーゼという脂肪を分解する酵素を持っています。リパーゼは脂肪を、脂肪酸とグリセリンに分解して燃焼します。ウォーキングやランニングなど運動する前にチョコレートを食べるとその作用が活発になり、脂肪燃焼の効果が上がると言われているんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

コリコリした食感が最高の赤貝。どんな効果がある?

赤貝は寿司やお刺身として食しますが、縄文時代の貝塚から発見されるほど、昔から日本人に愛されてきた食材のひとつ…

コリコリして美味しい。つぶ貝を食べよう。

ツブ(螺)はつぶ貝とも呼ばれる巻貝です。バイ貝もツブとして呼ばれることもあります。 特定の貝を指しているので…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。