やはり凄かった

コラーゲンは男性にも生きていく上で必要な成分です。
そこで、コラーゲンを摂ることで、美肌効果以外にもどのような影響を与えるかご紹介します。

そもそもコラーゲンとは何?
一言でいえば、タンパク質です。
体を構成するタンパク質のうち、約1/3は「コラーゲン」で出来ています。人間の身体は、約60兆の細胞から成り立っていますが、これらの細胞は髪の毛、爪、血管、内臓など、どこをとっても細胞同士がつながってできているのです。細胞と細胞の間には、必ず「コラーゲン」があって、細胞同士をくっつけています。

コラーゲンは身体の中で、その他のさまざまな役割を果たしております。
その中でも代表的なのが、皮膚のコラーゲンで、お肌をみずみずしく保ち、ハリを与え、お肌のトラブルを起こしにくくしてくれます。


コラーゲンは、膝やひじといった関節などに存在する軟骨に存在し、体を動かす上でのクッションの役割をして体重を支える部位の負担を軽減しています。
加齢によりコラーゲンは減少するため、肌の衰えだけでなくコラーゲン不足が関節痛の原因にもなるとも言われています。

また最近では、スポーツ選手も意識的にコラーゲン摂取に努めています。
曲げ伸ばしをする箇所では、コラーゲンが重要な役割を担っており、 その状態の悪さが、プレーするパフォマンスの悩みの原因となっていることも多い為、ケガ防止目的で摂取しています。

更になんと!?

なんと最近の研究結果で、コラーゲンは髪を太くするという事がわかりました!

コラーゲンをとる際にはコラーゲンの合成に必要なビタミンCも一緒にとろう。「体内でコラーゲンが安定して維持されるために欠かせない」と小山研究員。紫外線によるコラーゲンの損傷の予防にも役立ちそうだ。

 また、肌の真皮でコラーゲンの構造を支える働きをするエラスチンを、コラーゲンと一緒にとると美肌効果がアップする。魚由来のエラスチンを販売する、はごろもフーズ・バイオ営業部の名倉洋輔課長代理は「細胞での実験だが、コラーゲンと同時に存在すると、線維芽細胞1個当たりのヒアルロン酸産生量が増える」と言われてます。

頭皮の真皮の深い層の80%はコラーゲンでできています。
よって頭皮そのものの柔軟性や弾力性、保湿などを保持するにはコラーゲンは欠かせません。

加齢によってコラーゲンが不足することで真皮の柔軟性や保湿力が低下し、血流が悪くなることに繋がるため髪へ栄養が行き渡ることができなくなるため髪が細く抜けやすくなるのです。

そして髪には頭皮の毛乳頭、毛母細胞で生成されています。
髪の太さは毛乳頭の大きさに比例し、太くて元気な髪を育毛するためには毛乳頭を元気にする必要があります。

毛乳頭を元気にしているのはコラーゲンペプチドで、このコラーゲンペプチドが血流に乗り頭皮まで届いて毛乳頭や毛母細胞を刺激することで活性化され、太くて元気な髪を生成するのです。

このコラーゲンペプチドは肌の線維芽細胞を刺激して美肌に導くのと同様に、作り出すことを活性化させる働きを毛乳頭でも行います。

薄毛でお悩みの男性の方々は、今すぐにでもコラーゲン摂取が必須になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プリン体を知ろう

結局プリン体ってなんなのか。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。