はじめに

みなさんの家には空気清浄機を置いてたりするでしょうか?
人によっては、「空気清浄機?そんなのいらないよ」「部屋の中だから大丈夫だよ」と思ってる人も多いかと思います。
しかし、花粉症がひどい方などは空気清浄機があった方が、部屋の中では花粉を抑えられる事も出来ますよね。
今回はそんな花粉やハウスダストを除去出来る空気清浄機について少しですが紹介したいと思います。

空気清浄機の歴史

空気清浄機誕生には様々な諸説はありますが、一番有力な説は、産業革命が起こった19世紀初めのイギリスで空気清浄機は誕生したと言われているんですよ。
当時主要なエネルギーであった石炭を燃やすことによって排出させれる煤煙(不完全燃焼で発生する炭素分やタール分を含む大気汚染物質)で、空気はとても汚れていたそうです。
もちろん換気扇などはあったそうですが、換気させる空気すらも汚れていたため、汚れた空気を浄化すべく、空気清浄機が登場したと言われていますね。

空気清浄機が日本に登場し始めたのは、1960年代頃。
この頃の日本は高度成長期の時代で、四日市ぜんそくなどの大気汚染による公害が問題となっていました。
環境が変わり始めたという点で、空気清浄機が誕生した頃のイギリスと状況が似ていますね。
そこで、日本にも空気を浄化するためにフィルターを備えた業務用の空気清浄機が登場し始めたと言われています。


空気清浄機の効果

・シャープの空気清浄機には、シャープ独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」に新効果・付着排せつ物臭の消臭効果を搭載。ソファーやカーペットなどへのペットの付着排せつ物臭を消臭します。他にも、付着料理臭・付着ペット臭・付着タバコ臭・付着生乾き臭・付着汗臭・付着加齢臭・付着排せつ物臭など気になる臭いを消臭します。

・ダイキン 「花粉に強い」をうたうダイキンの空気清浄機は、プラズマ放電の一種であるストリーマが、花粉の芯を分解、有害物質を酸化分解、0.1µm~2.5µmの粒子を99%除去します。その効果は、花粉問題対策事業者協議会から花粉対策製品としても認証され、認証マークを取得しています。

・パナソニックの「F-VXR90/F-VXR70」には、水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオン・ナノイーXが搭載されています。進化したナノイー Xは、衣類や髪に付着して部屋に入り込んだスギ花粉をはじめとする花粉を徹底的に抑制し、日本全国1年中浮遊する花粉を無力化します。さらに、付着したPM2.5 などに含まれる汚染物質もスピード分解。ナノイーXが搭載された「F-VXR90/F-VXR70」は、日本アトピー推奨品として認定されています。また、花粉問題対策事業者協議会から花粉対策製品としても認証され、認証マークを取得しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

韓国へ行くなら大韓航空で!そんな大韓航空でのサービスとは?

ホームページによると、1969年、株式会社大韓航空の業績は芳しくありませんでした。運送業を専門とする韓進グル…

ドーパミンは意図的に増やせる成分

やる気を出すために必要なのがドーパミンですね。そのドーパミンはなんと意図的に増やせることが出来るのをご存知で…

腹筋を鍛えるのに効果的なメディシンボールトレーニング!その効果とは?

メディシンボールの場合はグリップ位置と重心が異なるため、その保持に全身のバランスが必要となり、これによって「…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。