はじめに

みなさんはUNOと言うカードゲームを行った事はありますでしょうか?
多くの人はUNOをやった事があるでしょう。
修学旅行の夜の時間に友達とUNOをやったり、家族、親戚で集まった時にUNOをやったりしたのではないのでしょうか?
このUNOといカードゲームは老若男女で楽しめるゲームですよね。
今回はそんなUNOについて少しですが紹介したいと思います。

UNOの発祥

1971年にアメリカのオハイオ州で理髪店を営むマール・ロビンス (Merle Robbins) により考案され、1979年に広く発売されて人気となりました。本ゲームは専用のカードを用い、配られた手札を早く0枚にした者が勝者となるゲームですが、対戦相手を妨害する役札が存在することと、残り手札が1枚となったときに「Uno」と宣言しなければならないことが特徴です。世界80ヶ国でこれまでに1億5000万個が販売されています。

UNOの意味とは?

ウノとは「スペイン語」や「イタリア語」で「1」という意味です。
だから手持ちのカードが残り一枚になった時に、「ウノ!」って叫ぶんですね。

ルール

親はカードをよくきった後、各プレイヤーに7枚ずつ裏返して、カードを配ります。
残ったカードは裏返しにして、真ん中におきます。これが「カードの山」になります。
自分の手持ちのカードの中に、「場」にでているカードと、同じ数字・同じ色・同じ記号がある時、カードを1枚出すことができます。
出せるカードがない時は、「カードの山」から1枚カードを引きます。

残りのカードが
1枚になったら
「ウノ!」と叫ぼう。
これを忘れちゃうと、「カードの山」からカードを2枚引かなければいけないから、気を付けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

金沢へ訪れたら行くべきスポット

金沢観光してきたのでご紹介します。

同じ日本でもこんなに違いがあるって知ってた?関東関西の違いをまとめてみました par…

よく関東と関西の文化の違いを実感することありませんか?そんな違いをすこしまとめてみました。以外に沢山あります…

元気が出ると言われるニンニク注射とは?

緊張型頭痛や肩こり、腰痛がある方 ・疲れがたまっていても、大事な仕事があり休めない方 ・よく寝ているのに全然…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。