ナンとは

ナンは小麦粉などを使って作られたパンのような物なので、豊富な栄養分は含まれていません。
しかし、幅広い種類の栄養分を含んでいない分、エネルギーになるタンパク質や、炭水化物を多く含んでいます。
これらの成分は、「身体を太らせる!」「ダイエットには大敵!」と言われる事がよくありますが、ご飯やパンと同様に、主食としては欠かせない栄養成分でもあります。
そして、ナンには血液を作るのに有効な葉酸が含まれているため、妊娠中の方などは特に多く摂取した方が良いようです。
ナンそのものよりも、ナンに合わせるカレーの方が沢山の栄養成分を含んでいますが、ナンのタンパク質や、炭水化物は身体に欠かせない成分なのです。

ナンの魅力

ナンの魅力は、やっぱりモチモチとした食感ではないでしょうか。
辛口カレーには、モチモチでちょっと甘みすら感じられるナンが、とってもよく合いますよね。
カレーの種類によっては、ご飯よりもナンの方が食べやすいという方も居るほどで、近年で特にナンの人気は上がって来ているようです。
しかし、カレーの本場であるインドではナンではなくチャパティーと呼ばれる薄いパンケーキか、ご飯でカレーを食べるのが一般的で、カレーにナンを合わせるのは高級なのだそうです。
ナンは、混ぜる段階で味をつける事が出来るため、プレーンなものからガーリックナン、ほうれん草ナン、パンプキンナンなど種類も豊富に作られます。オーソドックスにプレーンのナンにバターを塗って食べたりピザ風にしても美味しいですが、ごまナンや、アップルナン、お子様にはチョコチップナンなどの変わり種もあるそうです。カレーだけが主役ではなくナンのおいしさを楽しむのも良さそうですね。

美味しいナンはどんナン?

カレーに合わせるナンのおいしさの決め手となるのは、やはりあのモチモチ感です。
なので、ナンは出来るだけ分厚いものを選んだ方がおいしいと言えるでしょう。
ナンは、元々小麦粉と水、塩を使って練り込でから焼いたシンプルな物なので、ナンそのものに強い味はありません。先ほども書きましたが、ガーリック味などのフレーバーが付いたナンもあるので、普通のナンではちょっと物足りないと言う方は、フレーバー付きナンを試してみるのが良いかもしれません。
ちなみに、ナンは自宅でも簡単に出来るので、自分で分量を調節して理想のナン作りにチェレンジしても良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

免疫によるカラダの防御を高める!ビフィズス菌とは

ビフィズス菌、良く聞きますが、体に良い働きをしてくれるビフィズス菌って、そもそもどんな菌なのでしょう?

ココアの力

ココアにはカカオポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは健康にいい食材と言われている事なんとな…

オメガ6とは?

オメガ6ってしっていますか?

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

今年も東京マラソンでます!