整腸作用

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌。
このビフィズス菌に最も期待される効果というのは、やはり整腸作用です。
腸の中にいる有害菌の働きを、ビフィズス菌が防ぐことで、腸内で有害菌に作られていたアンモニアやインドールといった腸内腐敗産物の数を減らしてくれます。その結果、長年の便秘が改善されたり、お腹を下し気味のひとの下痢が治ったりします。これが整腸作用です。
お腹にガスが溜まりやすい、ずっとお通じが出ていないといった場合は、ビフィズス菌によって改善効果が得られると言われています。

免疫力アップ

身体の調子を崩す原因のひとつに、悪玉菌の働きがあります。悪玉菌は腸壁で吸収されて、そのまま体全体へ巡っていき、身体の不調や病気の原因になることがあります。この悪玉菌の働きをビフィズス菌が防いでくれるので、悪玉菌の増殖が抑えられて身体の免疫力が強化されるのです。
この免疫力が悪玉菌などの働きで低下してしまうと、花粉やほこりなどの物質に身体が過剰に反応してしまい、アレルギー症状に繋がってしまうことがあります。しかし、ビフィズス菌を摂取して身体の免疫力を強化しておけば、アレルギー反応も抑えられて、症状も出づらくなります。ヨーグルトが花粉症に効果があると言われているのは、このビフィズス菌の働きが大きいと言われています。

生活習慣病予防

生活習慣病の予防にも効果があります。
乳酸菌は、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防する効果があります。
そのため、血管が硬くなるのを防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞などを予防する効果があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

不飽和脂肪酸が豊富!おやつ時に食べたい小さい体に大きな栄養のアーモンド

日本で本格的な輸入が始まったのは1950年代と比較的最近ですが食べやすいこと、1958年には「グリコアーモン…

産後ママの栄養管理にオススメのスーパーフード「モリンガ」とは?

スーパーフードとレシピのお店「Better For (ベターフォー)」より、産後ママの栄養管理にオススメのス…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

今年も東京マラソンでます!