血流をスムーズに

焼酎には、プラスミノーゲンという酵素の一種が含まれています。
焼酎に含まれているプラスミノーゲンには、血液の流れをスムーズにする効能があるとされています。
そのため、血管内にこびりついたコレステロールや中性脂肪を取り除き、動脈硬化や血栓を予防・改善する効果や効能があります。
生活習慣が乱れがちな方は、プラスミノーゲンを摂取して血栓ができにくい若々しい血管を保つといいそうです。

生活習慣病予防

焼酎には、動脈硬化や通風を予防する効能があります。
動脈硬化や通風は、栄養バランスの乱れや、脂質過多、プリン体を多く含む食べ物の取り過ぎなどが原因とされています。
焼酎は、コレステロールが増える心配もなく、またプリン体の量も少ないため、動脈硬化や通風の原因を作りにくいお酒と言えます。
動脈硬化や通風などの生活習慣病予防のためにも、飲酒の際は焼酎を選ぶのがおすすめです。

血液サラサラ

焼酎には、タンパク質分解酵素の一種であるウロキナーゼという成分が含まれています。あまり聞きなれない成分ですね。
焼酎に含まれているウロキナーゼは血液をサラサラに保つ効果があるので、高脂血症などドロドロの血液が気になる方に特におすすめです。
血管内の血栓を溶かす効能や効果も期待できるので、「エコノミー症候群」といった血栓症の予防にも役立ち効能があります。

焼酎のクラス分け

焼酎は、「甲類」「乙類」「混和焼酎」の3種類のクラス分けから成り立っています。
甲類は、連続蒸留器で蒸溜した後、アルコール度数が36%未満という条件、乙類は単式蒸留器で蒸溜後、アルコール度数が45%以下の物と分類されます。
そして混和焼酎は、甲類と乙類をブレンドしたタイプです。
それぞれの違いを理解した上で、さまざまな焼酎を試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

解消法があった!?足のむくみについて

足がむくむ原因としてよく指摘されるのが、血行不良です。立ち仕事、あるいはデスクワークでずっと同じ姿勢で仕事を…

鯵の力

クセが少ないことに加え、安価で購入できたことから日本の大衆魚の一つとされていたアジ。アジフライは食卓・お弁当…

梅雨から夏にかけて要注意!「食中毒」予防を徹底しよう!

梅雨が近づくにつれ「食中毒」の危険性が増してきます。その原因となる細菌やウイルスは家庭にも潜んでいる危険性が…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

今年も東京マラソンでます!