2019年の目標、決まっているのは37.2%。20~40代では20代が最多の41.0%

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは、20~49歳の未婚男女600人に対して「未婚者の2019年目標」に関するアンケート調査を実施いたしました。誕生日を迎えた、進学や転職で新生活が始まったなど、生活の区切りに新しい目標を立てた経験はないでしょうか。年末年始も、新しい1年に向けて新たな目標を考えるのにちょうどいいタイミングです。また、2019年は「平成」が終わり、新しい年号が始まる年でもあります。そんな2019年に、独身の男女はどんな目標を立てているのか、600人にアンケートを取ったようです。

新年の目標は年内に決めてしまうのか、それとも年が明けてから考えるのか、どちらが一般的なのでしょうか。アンケート調査を行った2018年12月の時点で新年の目標は「決まっている」と答えた人は37.2%、「決まっていない」と答えた人は62.8%でした。

年代別に見てみると、既に新年の目標を決めている割合は「20~29歳」が最も多く41.0%でした。続いて「40~49歳」が36.7%、「30~39歳」が33.2%となっています。

2019年は恋愛よりも仕事?半数がキャリア関連の目標を立てている

新年の目標が既に決まっている人たちは、具体的にどんな目標を立てているのでしょうか。一番達成したいことについて聞きました。最も多かったのが「仕事での昇格(給料アップ)」(18.8%)でした。また、「転職(キャリアアップのため)」(13.0%)や「資格取得」(15.7%)など、前年に比べてキャリアに関連する項目が数字を伸ばしています。

男女別で見てみると、男性では「仕事での昇格(給料アップ)」が25.5%でトップとなりました。また「恋人をつくる」が21.7%で2位となっています。女性では「結婚する」が14.5%で最も多くなりました。昨年と変わらず男性は結婚よりも恋人を、女性は恋人よりも結婚を望んでいるようです。

3人に1人が「1万円以下」、目標達成のためにかける費用は前年より低い傾向

スキルアップのためにスクールに通ったり、ダイエットのためにジムに通ったりと、目標を達成するのにお金がかかることもあります。新年の目標に向けて、どのくらいの費用をかける予定でいるか聞きました。全体の44.1%が「1万円以上」かけると答えました。一方、32.3%が「1万円以下」と回答しています。2018年の25.8%、2017年の28.1%に比べて、お金をかけずに目標の達成を目指す人が増えていることが分かります。

「恋人をつくる」ためにはどのくらいの費用をかけるのでしょうか。こちらは「1万円以上」と答えた人が57.3%でした。「結婚する」ために「1万円以上」費用をかけると答えた人は36.0%でした。

7割近くが「今年の目標は今年のうちに達成したい」

目標を達成する時期についてはどうでしょうか。68.6%が2019年のうちに目標を達成したいと考えていました。7割弱が、1年単位で達成できることを新年の目標に選んでいるようです。

目標別に詳しく見ると、目標が「恋人をつくる」の人は74.3%、「結婚する」の人は64.0%が2019年のうちに達成したいと考えていることが分かりました。

平成が終わるまでに達成しておきたい目標は?「大好きな人に告白したい」「平成のうちに入籍をしたい」

今年の5月には平成が終わり、新しい元号がスタートします。物事の区切りにはちょうどいいタイミング、平成が終わるまでに達成したい目標について聞いてみました。

・一日中寝たい(21歳・女性)
・直近3年で増えた体重18kgを落として元の体型に戻ること(26歳・女性)
・平成のうちに、他人の目や言葉にとらわれずに前に進める強い自分になる(27歳・女性)
・家族を増やしたい(29歳・女性)
・自分の好きなブランドを服から小物まで全部そろえたい(26歳・男性)
・正社員になる(26歳・男性)
・平成のうちに入籍をしたい(31歳・女性)
・大好きな人に告白したいです(35歳・女性)
・日商簿記検定1級に合格する(39歳・女性)
・昼夜逆転を直す(31歳・男性)
・遊戯王の昔のカードをコンプリートしたい(31歳・男性)
・平成の間に転職したい(32歳・男性)
・断捨離と部屋の模様替え(33歳・男性)
・TOEICのスコア860点越え(37歳・男性)
・沖縄旅行に行きたい(39歳・男性)
・車のエンジンオイル交換(39歳・男性)
・平成のうちに犬を飼いたい(43歳・女性)
・体を壊して休職中なので、職場復帰したい(43歳・女性)
・仕事で結果が出せるようにがんばりたい(44歳・女性)
・病気の悪化を防ぐため出来る範囲での散歩やバランスの取れた食事をする(44歳・女性)
・恋人を見つける(45歳・女性)
・NISAの枠を買っておきたい(40歳・男性)
・家族のために貯めてきた貯金があるので温泉または旅行に行きたい(44歳・男性)


平成最後の約4カ月。大きな区切りを前に、達成を目指して何か目標を考えてみてはいかがでしょうか。期限が目前にあると、達成は難しいと考えていたようなことでも、案外成し遂げることができてしまうかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

将来の夢は?女の子編

前回は男の子の将来の夢をまとめました。というわけで今回は女の子編です。

「野菜好き」の子どもは半数以上!<3歳~12歳までの子どもを持つ全国の女性4382名…

カゴメ株式会社は、全国の3歳~12歳の子を持つ女性4382名に対し子どもの野菜に対する意識調査及び集計を行い…

意外と知らない!みんなが飲む一日の水の摂取量

水分補給していますか? 水分補給というものは意味のあることなのです。しかし、一体一般的にどのくらいの量摂取す…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。