レブロン・ジェームスが抜けた今年のクリーブランドキャバリアーズ。
レブロンが抜けてどうなるか。
プレイオフ出れる・出れないの予想は様々でしたが、はやくも厳しいシーズンとなっています。

オフの動きと開幕6試合でティロン・ルーHC解任

既定路線とも言えるレブロンの移籍だったので、キャバリアーズのオフはベテラン放出して、若手中心の再建期に入ると思ったのですが、ケビン・ラブと4年契約をして、ベテランも放出せずのオフ。放出先がなかっただけかも知れませんが・・・
これを見て、プレイオフは狙いに行くもんなんだと思いましたが、30勝〜35勝ラインで、プレイオフは無理だなと予想していました。

そしてシーズンが始まると開幕から勝てず、開幕6連敗となった段階で、ルーHC解任。
2015-2016シーズンの途中にACからHCになり、そのシーズンにファイナルを制してチームをNBAチャンピオン導いたルーHC。
その後2シーズンともNBAファイナルまで導いてきました。
今シーズンはレブロンが抜けてどうなるか。レブロンがいた今までは、戦術レブロンとまで揶揄されていただけに、ちょっと注目はしていましたが、残念な結果でした。

この解任も、勝利を目指しキャリアのある選手を使いたいルーと、もう今シーズンは諦めて再建期として若手に多くのプレイタイムを与えてほしいチームフロントの考えの違いがあったとも言われていました。
6試合の成績の段階で、若手にシフトチェンジするぐらいなら、オフの間にどちらかにするか明確な方向性出しておいあげても良かったんじゃないかとは思ってしまいます。

ベテラン選手の放出が始まる

ルーHC解任後は、ベテランのJRスミスと会談し、今後チーム構想にもローテーションにも入らない事を通告して、スミスの退団決定。今後はトレードや契約バイアウトで正式にチームを出るでしょう。
カイル・コーパーはトレードでジャズに放出と、ベテラン選手放出へ舵を切り出していますね。

あと放出されそうなのは、ジョージ・ヒルと、トリスタン・トンプソンぐらいでしょうか。
トンプソンは高年俸がネックですが、今シーズンは得点・リバウンドでダブルダブル記録しているので、インサイド補強したい強豪チームとのトレードがまとまる可能性もありそうですね。

怪我で欠場中のケビン・ラブは4年契約を結んだばかりですので放出はないでしょう。
放出しようにしても、今のラブにあの高年俸を払ってまで欲しいチームはないでしょう。

アービングの移籍はレブロン移籍より痛かった?

レブロンが移籍する、移籍はなくともいずれかは衰える。
その時が来た時でも、本来であれば生え抜きドラ1位のカイリーアービングがチームにいる。キャバリアーズとしてはアービングの存在は現戦力的に見ても、将来的に見てもアービングの存在は大きかったと思いす。

それが昨シーズン始まる前にトレード志願しされたのは痛かったのではないでしょうか。
志願した本当の理由は本人しかわからないとこですが、有力な説としての、自分が1番のチームで力を試したい。
既にトッププレイヤーだっただけに、この想いを抱くのも不思議ではないですね。

もしアービングが残っていたら、レブロンが抜けたとしても、今のように一気に落ちることはなかっただけに、チーム作りというのはわからないもんです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

NBAカンファレンスファイナル決着~ウェスタン~

ウェスタンファイナルは、意外な展開に・・・

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。