朝の支度に関する意識・実態調査

花王エッセンシャルは、20~49歳の首都圏に住む女性600人を対象に「朝の支度に関する意識・実態調査」 を実施いたしました。

6,000人の女性に対し、平日の朝「忙しい」と感じているかを聞いたところ、「非常に忙しい」と回答した人が約21%、「忙しい」が約30%、「やや忙しい」が約27%と、実におよそ8割(78.4%)もの女性が「忙しい」と感じていることが分かりました。現代女性は、朝起きてから家を出るまでの時間も忙しいと感じている人が多いようです。

そんな「忙しい」と感じている女性に、平日の朝、起きてから家を出るまでの時間について質問したところ、平均約92分(91.69分)で、約1時間半で朝の支度をしていることがわかりました。10分刻みで見てみると、「111分以上120分以下」が最多の21.7%で、ついで「51分以上60分以下」が21.3%、「81分以上90分以下」分が15.7%でした。

子どもをもつ女性は朝の支度時間が長くなる傾向に

年代別で見てると、20代は平均約76分(76.08分)、30代は平均約86分(86.28分)、40代は平均約100分(99.96分)と、徐々に支度時間が長くなる傾向にあります。

さらにライフステージで分けると、最短は「未婚・有職」女性で平均約72分(71.61分)、次いで「既婚・有職・子どもがいない」女性で平均約75分(75.15分)と、女性全体の平均時間を下回りました。一方で、最長は「既婚・無職・子どもがいる」女性で平均約110分(109.80分)、続いて「既婚・有職・子どもがいる」女性で平均約105分(104.52分)という結果になり、全体の平均を上回り支度時間が長いことが明らかになりました。 子どもを持つ女性は、朝の時間を自分のことだけでなく、子どもの世話や家事に使うため、朝の支度時間が長くなると思われます。

平均で約1時間半もの時間を朝の支度に費やしていることが分かかりましたが、具体的にどのようなことをしているのでしょうか。出かけるまでの時間にしていることを聞くと、実施率が高い「メイク」(84.7%)、「スキンケア」(81.3%)と僅差で、「髪のお手入れ、スタイリング」(80.5%)が上位に。こうした“身だしなみケア”は、「朝食を食べる」(78.7%)や「朝食を作る」(64.7%)よりも高い結果となりました。どんなに忙しい朝でも、「“身だしなみケア”は欠かせない!」という女性の気持ちが読み取れます。

朝していることの中で“面倒・もっとラクしたい”と思うのは?

平日の朝8割以上の人が行う“身だしなみケア”ですが、朝していることの中で「面倒だと感じる、あるいはもっとラクできたら嬉しいと感じることは何ですか」という質問に対して、1位が「メイク」(55.0%)、2位が「髪のお手入れ、スタイリング」(44.5%)、3位が「スキンケア」(38.5%)という結果になりました。“身だしなみケア”は特に「もっとラクしたい!時短したい!」というニーズが強いようです。

身だしなみケアに対する時短のニーズが高いようですが、実際に忙しい朝に時短のための工夫をしている人はどれくらいいるのでしょうか。「メイク」や「スキンケア」と並んで、忙しい朝でも実施している人が多い「髪のお手入れ、スタイリング」について聞くと、約4人に1人(24.5%)が時短のために「工夫をしている」と回答しました。

具体的な時短方法については、「夜のうちにブローをしてスタイリングを済ませておくことで、翌朝簡単にセットできるようにしておく。」「お風呂の後にドライヤーをしっかりとかけてはねないようにする。」「夜のうちに洗い流さないトリートメントやオイルなどをつけておき、朝はブラッシングやヘアアレンジだけでまとまるようにしておく。」「スタイリングが楽なパーマをかける。」「メイクなど他の支度をしている時間にカーラーをつける。」「寝ぐせがつかないよう、寝相に気をつける。」 などの意見がありました。一方で、「髪のお手入れ、スタイリング」で時短の工夫をしていない人が約75%ほどいることもわかり、「時短したいがどのような工夫をすればいいのか分からない」と思う人が多いのではないでしょうか。

花王「ヘアケア ラクちん化運動」

忙しくてもキレイでいたい女性の毎日の髪のお手入れに対する「めんどう」や「わずらわしさ」に向き合い、ヘアケアを“ラクちん”に変えていくエッセンシャルのプロジェクト。「エッセンシャル」は、キューティクル研究から得られた新しいアプローチにより、髪そのものをキレイにするだけでなく、髪のお手入れプロセスをラクにするという新しい価値を提案。忙しい朝の時短におすすめしたい“朝ラク”アイテムがラインナップされています。
自分にあった朝のヘアケアを選んでゆとりをもった一日を過ごしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

紫外線による皮膚への影響

紫外線は、皮膚表面に日焼けによる炎症を起こすだけではなく、皮膚の組織やDNAを傷つけ、しみやしわ、皮膚ガンの…

乾燥と納豆はともにあれ?

保湿のシーズン到来ですね。

美容効果が倍増?!トマトジュースをホットで飲むのが効果的?

トマトジュースは美容効果が高いのはご存知の方も多いはず。 さらにトマトジュースの美容効果を倍増させる方法があ…

1090

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。