はじめに

みなさんは野球とベースボールと聞くと同じでしょ?
そうなんです同じなんですが細かい部分で日本の野球とアメリカのベースボールに違いがあるんですね。やはり、国民性なども関係してくるんでしょう。今回はそんな気になる日本の野球とアメリカのベースボールについて少しですが紹介していきたいと思います。

ストライクゾーンの違い

みなさんも知っているかと思いますが、基本的なストライクゾーンはホームベースを通ったりかすめたりして、なおかつバッターの胸元あたりから膝あたりまでストライクゾーンとなっていますね。審判によっては外角のストライクゾーンが広かったり、低めのストライクゾーンを取らなかったりと狭い審判さんなどもいて、多少の個人差はありますが、
日本の野球の場合はストライクゾーンの内側と高めは甘く、外側と低めは厳しめと言ってもいいでしょう。
一方、アメリカのベースボールでは外側と低めには甘く、内側と高めには厳しいですね。

ボークやバントの違い

ランナーが出るとピッチャーでは牽制をする事もあり、バッターではバントも必要な場合もあるかと思います。この2つに関しても野球とベースボールでも少し違いがあるようです。
日本の野球でランナーがいる場合は、しっかり1秒程セットポジションで止めてから投げるようにと教わりますが、アメリカのベースボールではセットポジションを一瞬止めて投げてもボークにならない場合もあります。
力勝負のベースボールでは、細かい部分でボークは宣言されませんね。

力勝負と言えばベースボールではあまりバントを見かけませんね。
日本の野球の様に、序盤からでもバントでアウトを1つあげて進塁させて、1点を取りにいく野球が多いかと思いますが、アメリカのベースボールでは、序盤でバントでアウトを1つやるとなるとそのイニングでの大量得点の期待値が下がるのでやらない傾向ですね。ベースボールでも終盤はバントを行いますね。

ピッチャー中心、キャッチャー中心

日本の野球ではキャッチャーが配球を組み立て、バッターの苦手な部分を攻めて得意球で勝負をしたりします。
逆にアメリカのベースボールでは、先程も力勝負の話もしましたが、ピッチャー中心でピッチャーが得意な球を多く投げる傾向があり、力でねじ伏せると言えますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

育成枠出身の1流選手

ひと昔前だったら生まれてなかった! シンデレラストーリーを歩んだ育成枠出身選手をご紹介します!

ベイスターズ、優勝への道 vol.53 〜CS出場の3チームが遂に決定!広島戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

本田圭佑=背番号4!プロ野球の本田圭佑も「4」に変更?

西武が、第1回U-23野球W杯のメンバーとして優勝に貢献した本田圭佑投手に、同姓同名のサッカーの本田圭佑選手…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。