はじめに

2020年東京オリンピックの種目となっている飛込競技。
日本ではメジャーな競技ではありませんが、2020年の東京オリンピックで日本人がメダルを獲ってメジャーにしてほしいですね。
そして今回は、飛込競技について少しですが、紹介したいと思います。
どんな種目があって、どんな採点方法があるのでしょうか?

飛込競技

飛込競技は勝負が決するまでの時間がもっとも短い競技であり、わずか2秒弱の中に高度な技を行なう採点競技ですね。水しぶきをあげない入水をノースプラッシュと呼び、高い評価点となります。さらに、唇を弾くような音がするだけで全く水飛沫が上がらない入水を「リップ・クリーン・エントリー」といい、これは最高の入水方法でもあります。

種目

高飛び込み

弾力のないコンクリート製の飛び込み台から飛び込む競技ですが、落下中の回転やひねり、ポーズなどによって得点を得ります。10メートルからの自然落下でも入水時に時速50kmにもなります。より高くジャンプして飛び込む場合は時速50km以上になります。衝撃や恐怖心の克服が必要ですね。

飛板飛び込み

飛板飛込みは、水面からの高さが1mと3m二つの設備があって、弾力性のある飛板が備え付けられています。以前は、松または、桧の板が使用されていましたが、現在ではより弾力性のあるアルミ合金板(デュラマキシフレックス)が使用されています。
飛板飛込みはこの飛板の弾性を巧みに利用することがむずかしく、柔軟性があり優雅な点が特徴です。

シンクロナイズドダイビング

10mシンクロナイズドダイビングは、10mの高さにある弾力のないコンクリート製の飛び込み台から、2名1組の選手が同時に飛び込み、その過程の演技と2名の同調性(シンクロナイゼーション)を競う種目です。

採点方法

個人種目では、審判長1名が演技の審判を、5名または7名の審判員が演技の採点を行います。審判長は採点しません。
個人種目で審判員が7名の場合は、最高点から上位2つと最低点から下位2つを除く残りの3個の採点を合計し、難易率を掛けた値が得点となる。各審判員は、10点を最高得点に0.5点単位で採点します。

関連するまとめ

是非一度は行っておきたい都内オススメの博物館をご紹介します!パート①

東京都内には大小さまざまな個性あふれる面白い博物館がいくつもあります。気軽に科学や歴史などに触れることができ…

昼寝にはすごい効果があった?そのメリットとは?

日常生活の中で、昼寝をするタイミングはあまりないですよね。 実はヨーロッパの一部会社では昼寝が当たり前になっ…

知っていれば自慢できる?7月17日は〇〇の日!

2020年も下半期に入りました。 あっという間に1年の折り返しです。 色々あった上半期でした。 さぁ。切り替…

関連するキーワード