家族で楽しめるコンテンツ目白押し!

富士スピードウェイ株式会社は、FIA 世界耐久選手権第4戦富士6時間耐久レース同時開催イベント「36HOURS OF FUJI」で開催されるコンテンツを公開しました。大興奮のモータースポーツが行われていても、サーキットで過ごす週末の楽しみ方は人それぞれ。そんな楽しみ方を提案する36 HOURS OF FUJIの今年の注目コンテンツは、昨年好評だった、在日フランス商工会議所公認の野外フランスフェア「ル・ヴィラージュボンジュールフランス」に加え、キャンプでのテクニックやノウハウと楽しいワークショップを体験できる「アウトドアカーニバル」、今流行のE-bike体験ができる「Ebike& Sports Bike Park」です。そしてこれらのコンテンツを楽しめるキャンプ場として、今流行りの「キャンプ×●●●」を家族の数だけ組み合わせられる。サーキットの楽しみ方は無限大です。

サーキットサファリが今年も実施決定!

WEC参戦車両が走行するレーシングコースに観光バスで突入します。レーシングスピードで駆け抜けていくマシンは迫力満点です。毎年倍率50倍以上の抽選になるほどの人気コンテンツです。世界各国で開催されるWECシリーズの中でも富士スピードウェイだけでしか体験できないスペシャルプログラム。大型バスに乗車して並走するLMP、GTEマシンを超間近で見られる体験は「アメージング」です。

E-bikeの体験ができる“E-bike & Sports Bike Park”

欧州を席巻し日本でもユーザーが爆発的に拡大中の“自分のパワーと電動のハイブリッドバイクSPORTS Ebike”。このSPORTS E-bikeを活用した取り組みが全国で始まる中、富士スピードウェイでも各会社のE-bikeを取り揃え、大試乗体験会&展示・販売会を実施します。坂道試乗できるのはここだけ!

一流のマルシェスタイルのフランス空間

フランス流暮らしの美学「アール・ド・ヴィーヴル」を体験いただけるエンターテイメントやマルシェスタンドを展開。フランスの様々な食やお酒を楽しめたり、フランスの人気ファッションブランド、雑貨やフランス小物のショッピングができたりと、フランスを一度にたくさん楽しめる場所となっています。

その他「TOYOTA GAZOO Racing ブース」「森のプロレスによるスペシャルマッチ」「エアソフトガンシューティング体験ブース」「レーシングシミュレーター体験ブース」「ドローン操縦体験ブース」「d-bike子供用自転車教室・自転車レース体験ブース」など魅力的なプログラムが盛りだくさんの「36 HOURS OF FUJI」。ぜひご家族で訪れてみてください。

「36 HOURS OF FUJI」開催概要
【日時】
10月13日(土)~10月14日(日)
※10/12(金)公式練習日から入場可能
【場所】
富士スピードウェイ
【入場料】
前売券:お一人様7,200円(大人1名)、ペアチケット13,000円(大人2名)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ドリフトの魅力

車を自在に操るドリフトってかっこいいですよね。高速コーナーをスピードに乗ってドリフトで駆け抜ける慣性ドリフト…

これが未来の運転席?!ホンダが斬新すぎるコクピットを発表!

ホンダはロサンゼルスオートショー2016にて、今後、高級ブランドの「アキュラ」車に採用してゆくコックピット『…

Mスポーツのタナクが快走!2勝目なるか?!WRCラリー・ドイツ 3日目~最終日

WRC世界ラリー選手権の第10戦である、ラリー・ドイツが開幕。2日目を終了して、トップに立ったMスポーツのタ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。