発酵食品の優れた力

発酵食品とは、食品を発酵させたものであり、身近な食品では納豆、キムチ、味噌、ヨーグルト、チーズ、そして最近ブームとなった塩麹などが挙げられます。
食品を発酵させることによってとてもメリットがあります。
まず、栄養素が分解されているため吸収が良くなっています。
次に、発酵により元々の食品より量が減るため、少量でより多くの栄養を摂取することができます。
そして発酵する過程で菌が副産物を作るため、本来ない栄養素がプラスされます。
この3点だけでも発酵食品にはかなりメリットがあることがわかりますね。

気軽に発酵食品を食べるには?

お肉や切り身魚にまぶして焼くだけでもおいしく調理できる塩麹、是非試してみてください。
次に発酵食品に少し工夫をするだけで、より大きな効果を期待できるというレシピです。これはいたって簡単で、ヨーグルトを温めるだけのシンプルなものです。ヨーグルトは加熱しすぎると乳酸菌が死んでしまい、良くありませんが、適度に温めると腸が冷えずに済むため乳酸菌の働きがより活発になり、腸内環境を整えることができます。
よって美肌になるというわけです。

発酵食品を食事に取り入れよう。

発酵食品は毎日摂るのが理想ですが、やたらとたくさん摂れば良いというものではありません。
例えば、チーズやバターをたっぷり塗ったパンなど、動物性の発酵食品は脂肪分が多く、高カロリーなので、摂り過ぎれば肥満につながる心配もありますよね。
一方、納豆や麹、漬物、味噌など、日本の発酵食品の多くは植物性なので、毎日摂取するには適しています! 特に調味料として、食生活に自然に取り入れるのが最も手軽で続けやすい方法ですよね。とはいえ、塩分が多く含まれていますので、減塩を心がけて下さいね。

また発酵食品ばかりを食べ続けていては、食生活のバランスが崩れてしまいます。
バランスを考えながら納豆やキムチ、お味噌汁を加えるなど無理のない摂り方がオススメです。「毎日の食事にうまく取り入れる」というイメージで、続けて摂取していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

麦芽とは?

麦芽という名前のとおり「芽が出た麦」ということです。ちなみに麦芽は英語だと、malt(モルト)と言います。大…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。