ダイエット効果

コーヒーに含まれる成分といえばカフェインです。眠気覚まし効果が広く知られていますが、実は他にも、脂肪分解を促進したり、自律神経に働きかけエネルギー消費を高めてくれたりもするのです。ダイエット目的でコーヒーを摂取するなら、ホットのブラックを、運動の20~30分前に摂取するのが最も効果的みたいです。

美肌効果

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが豊富に含まれています。
その量は赤ワインより多く、平均的な日本人の摂取しているポリフェノールの半分は
、コーヒーによるものだと言われています。
ポリフェノールが紫外線などによる活性酸素の発生を防ぎ、メラニン色素が過剰に作られるのを防いでくれるそうです。
コーヒーを毎日2杯飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて圧倒的に少ないそうです。化粧品にこだわるとともに、コーヒー習慣を身に付けるのもオススメのようです。

二日酔いにも

あまり知られていませんが、二日酔いでつらいときにもコーヒーがオススメです。二日酔いの頭痛は、アセトアルデヒドという物質が原因で引き起こされます。カフェインは、この物質を追い出し血液循環をスムーズにしてくれます。
また、コーヒーには利尿作用がある為、何度もトイレに行っているうちに体内の毒素を追い出すことに繋がります。
二日酔いの時は胃腸が弱った状態なので、ブラックよりも砂糖やミルクをたっぷり入れて飲むのがオススメのようです。
糖分は肝臓の疲労回復にも効果的なので、甘くして飲むとより早く症状の改善が見られるようです。
また1日3~4杯のコーヒーが、肝機能を良い状態に保ってくれるという研究結果も報告されています。お酒を楽しむ人にとって、欠かせない飲み物だと言えそうです。

コーヒーにも色々と効果がありますが飲み過ぎもあまり良くないので
気をつけたいところです。
コーヒーにはタンニンという成分が含まれていて、これが体内の鉄分と反応し、吸収を妨げてしまうことがあり、貧血の原因にもなるそうなのでほどほどに飲むのが良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

理想体重の計算方法

あなたの体重は理想体重ですか?

ひまわりの種の力

メジャーリーグの選手が試合中に食べているひまわりの種。 ひまわりの種そのものというとリスやハムスターが持って…

ズッキーニの力

夏野菜のズッキーニ。 夏野菜カレーにも入っているズッキーニ。 ズッキーニはナスに似た食感が特徴で、ほのかな甘…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です