「紫外線アレルギー」とは

「紫外線アレルギー」とは、日光や紫外線を浴びることで皮膚や粘膜など、全身が拒否反応を示すことです。日光アレルギー・日光性皮膚炎・日光過敏症などとも呼ばれ、敏感肌や乾燥肌の人に多く発症されると言われ、このアレルギー発症の原因は、内因性と外因性の2種類に分けられると言われています。

内因性は体内での抗体量が少なく、少量の紫外線を浴びただけで紫外線を敵とみなし、体から排出しようとすることが主な原因となります。遺伝することは少ないですが、代謝障害や遺伝子異常などが関係していて、中には重度の症状を抱えている方もいるそうです。

外因性は、服用した薬や日焼け止めの成分などが原因で、これらを肌に塗る・服用した後に紫外線を少しでも浴びると皮膚が炎症を起こします。目に見えて症状が現れるのであれば対処がしやすいのですが、対策方法が限られてくるのが難点という特徴もあります。

「紫外線アレルギー」の症状

「紫外線アレルギー」の症状としては、粘膜系・皮膚系・身体系の3タイプあります。粘膜系は、目の充血や異物感・違和感、涙が止まらなくなるなど症状が目に現れることが多いです。皮膚は日差しの当たりやすい顔や首、腕や足などに皮膚の赤みやじんましん、みずぶくれ、腫れやかぶれが現れます。身体系は発熱や頭痛、倦怠感や吐き気が現れ、場合によっては気を失って倒れてしまうこともあるそうです。

日焼け止めで「紫外線」対策!

紫外線の多い時期は、下地の代わりに日焼け止めを使うと良いみたいです。顔だけでなく、首・腕・足などの紫外線の当たりやすい部分にはしっかりと日焼け止めを塗ってください。汗をかいた際はしっかりとタオルで押さえるようにぬぐい、定期的に塗り直しするのも対策となります。

光毒性を持つ食材に注意!

紫外線と関係無いようですが、実は紫外線を吸収しやすい体質に変えてしまう光毒性を持っている食材もあります。グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどに含まれているので、紫外線の多い4~9月辺りは、できるだけ摂取を控えた方が良いでしょう。紫外線の少ない夜に食べたり、食後2時間外出しないだけでも発症を防ぐことが出来ます。

室内でも注意が必要!

家の中にいても発症する可能性があるのが、「紫外線アレルギー」の怖いところです。窓を通り抜けて室内に紫外線や日光は侵入してしまうことがあるので、カーテンはUV加工がされたものを使用し、リビングなどの窓には紫外線対策のフィルムなどを貼っておくと良いそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

青汁の定番となったけーる!そのケールの持つ力とは!?

青汁といったらケールというイメージが高いです。芸能人やセレブなどもジューサーにかけて飲んでいる人も多いようで…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。