麦茶とは

麦茶は、六条大麦等の「大麦」を原料とし、煮出したり水出し等で飲まれる健康飲料です。
古くは平安時代から飲まれていたとされる定番の飲み物、麦茶。
平安時代は現在ほど一般的な飲み物でははなく、貴族のみが飲む事ができた貴重な飲み物だったとされています。

むくみ改善、高血圧予防に

麦茶にはカリウムも豊富に含まれています。
カリウムはミネラルの一種です。ミネラル麦茶の主要ミネラルは、このカリウムがメインになります。(ナトリウムも含まれますが、栄養素的に有効性があるのはカリウムです。)
カリウムは、ナトリウムと相互に連携することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節する効果があります。
また、カリウムには、ナトリウム(塩分)の排泄を促す働きがあり、塩分のとりすぎに伴う、高血圧の予防、むくみを解消する効能もあります。
カリウムは麦茶のほかに、アボカドやほうれん草、納豆、里芋などの野菜や豆類、いも類に多く含まれています。

美肌とダイエット効果に

麦茶には豊富なビタミンB群
(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)
が含まれているそうです。
ビタミンB2は脂質を分解する作用がありますのでダイエットにもいいですし、
皮膚の代謝を良くするので美肌にもいいです。
ビオチンも美肌を作るサプリなどでも欠かせない成分の1つです。

抗酸化作用に

麦茶には、身体の細胞を酸化させる活性化酸素を撃退する成分「Pクマル酸」が含まれています。

この働きによって、毎日体に悪いことを積み重ねることにより起きる、生活習慣病を予防することができるといわれています。生活習慣病とは、肥満や糖尿病、高血圧、脳卒中などがあげられますが、これらの病気の90パーセントは活性化酸素により発病します。

そのため、その活性化酸素をやっつける成分が入っている麦茶は効果的といえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

その蕁麻疹。原因はストレスかも

蕁麻疹の原因の一つはストレスだったみたいです。

冬の運動、ちょっと待って!運動前に気をつけたい注意点とは?

実は冬場は要注意? 運動する前に気を付けなければいけないことをご紹介します。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。