スポーツをしている時に何気に使っている英語の言葉。実はその中でも、和製英語の言葉はいくつかあります。和製英語は、英語っぽく作られている日本語です。

英語圏でも使っても通じない、意味が理解できない言葉でもある、スポーツ界で使われやすい和製英語をいくつか紹介します。

【野球】トップバッター・キャッチボール

野球には色々和製英語がありますが、そのなかでも一般的にも使われる言葉紹介。
まずは「トップバッター」
野球の一番打者や、その回の先頭打者という意味でよく使われますよね。
スポーツ以外の場面でも使われるケースもある言葉ですが、これは和製英語です。

トップバッターの一番近い表し方は“go first”のようです。
「あなたはトップバッターだ」は、“You will go first.”と言います。

次に「キャッチボール」
キャッチボールという用語は、野球だけでなく、一般の方も使うことがあるかと思います。
「会話のキャッチボール」というように使うこともありますね。
ですが、海外ではキャッチボールとは言わず、Play catchと言います。
例えば、「キャッチボールしよう」を英語で言うと、「Let’s play catch.」です。

野球にはそに他にも、ホームベース・ヘッドスライディングなど色々な和製英語がありますので、調べてみてはいかかでしょうか。

フライング

陸上・競泳、また運動会やかけっこでも使うことが多いフライングという言葉。
これも実は和製英語であります。
英語では、“false start”と言います。「不正スタート」という意味です。

なぜ日本ではフライングとなったのかはわかりませんが、フライングスタートといってしまうと、英語では「飛ぶようなスタート」という意味になると思うので、ある意味絶好調のスタートと捉えらかもしれませんね。

まとめ

スポーツで使われる言葉の中での和製英語は他にも色々ありますが、日常で使う言葉にも和製英語は多くあると思います。
カタカタで表記されるような英語の言葉を少し調べてみるのも、面白いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

意外と知らない雑学〜その④〜

あっと驚く雑学を紹介していきます。 明日から是非使ってください。

オリンピック競技(カヌー)

スプリントとスラローム

ニンニクのパワー

臭いはキツイが、、、

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。