お蕎麦とは

お蕎麦とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理です。今日、単に「お蕎麦」と呼ぶ場合、通常は蕎麦切りを指します。中華そばなどと区別して日本蕎麦とも呼ばれます。
歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。

効果とは

機能性成分であるルチンは、ソバの特徴的な成分です。ビタミンPとも呼ばれることのある、ビタミン様物質の一つです。

ルチンはビタミンCの研究中に発見されたと言われています。体内でもビタミンCとともに働き、毛細血管を強くしてくれます。

年齢とともに毛細血管は弱くなっていきますので、ルチンの摂取はその予防に働き、またルチンの欠乏は動脈硬化や高血圧、脳血管障害などの症状を引き起こしやすいと考えられていますので、血中脂質バランスに不安を感じている方であれば、意識して摂取しておきたい成分です。

ルチンは水溶性ですから、ソバを食べた後にソバ湯を飲むような習慣も、理にかなっていることがわかりますね。

食物繊維は水溶性・不溶性ともに豊富です。ともに便通を整えてくれる働きはもちろん、不溶性食物繊維は腸内細菌のエサとしても使われ、腸内環境を改善してくれると言われてます。

水溶性食物繊維はブドウ糖の吸収を緩やかにしたり、コレステロールの吸収を抑制したりする働きで、さまざまな生活習慣病の予防に有効です。

ソバはしっかりとした噛みごたえがあり、しっかり咀嚼を必要とする食べ物です。噛むことは満腹感を感じながら食べ進めるために、大切な行為です。

ダイエットにも良い

お蕎麦ダイエットとは、1日3回の食事のうち1食か2食をそばに置き換えて、摂取カロリーをコントロールするというダイエット方法です。昼ご飯にお蕎麦を食べるのもいいですし、夜ご飯をお蕎麦に置き換える方法でも問題ありません。

「単品しか食べないダイエットなんて、栄養などのバランスが取れていないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そばは他の食品に比べてビタミンなどの栄養素もたくさん含まれています。

お蕎麦は栄養バランスもとれる上に低カロリーなのでダイエット効果も期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

本能的に食べたくなる!?お蕎麦の魅力

お蕎麦にはこんな効果があったとは知らなかったです。

ダイエットだけじゃない!週末プチ断食をして最高の健康状態を手に入れよう

週末に休日に1日だけのプチ断食で素晴らしい健康効果が得られます。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。