はじめに

一般的には、牛肉、豚肉、鶏肉を食べることが多いですね。
珍しい肉としては、馬肉や鯨肉などもあります。
馬肉では有名なのが、馬刺しですね。赤身のしまった肉の歯ごたえは最高ですね。鯨肉では唐揚げにしたりすると美味しいです。
珍しい肉で共通点は匂いが独特だったりします。
そしてそんな珍しいお肉の一つとしてイノシシ肉があります。
今回はイノシシ肉の栄養素など少しだけでも紹介したいと思います。

栄養素

イノシシ肉は低カロリーなのに栄養が豊富です。たんぱく質は豚肉と同じくらい含まれていますが、脂身が少ないためにカロリーが豚肉より低いのです。
またイノシシの脂身には皮膚の保全・修復に活躍してくれるコラーゲンが豊富です。
またイノシシ肉は豚肉や牛肉よりも不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれるという効果があります。
ビタミンB群が牛肉や豚肉よりも2倍近く含まれています。

イノシシ肉100g 268kcal
豚肉        291kcal
牛肉        411kcal

夏バテにいいとされるビタミンB2は豚肉の2倍以上入っていて、健康にもダイエットにも最適な肉と言えます。
肉色は赤く、子イノシシはピンク、肉質はやはり豚肉に近いですね。

食べ方

牡丹鍋以外の食べ方にはしゃぶしゃぶ、ステーキ、焼肉などがあり、専門店などのサイトで赤ワイン煮、味噌煮、コロッケなどの料理のレシピも紹介されている。燻製、ハム、ソーセージなどの加工品もある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

色がカラダに及ぼす影響力!気になりませんか?

色がカラダに及ぼす影響力があるのであれば、野球のユニフォームを変えてみようかなと思ったりしました。

北海度へ訪れたら行くべきスポット(札幌・小樽編)

北海道を旅行しよう! と言っても、めちゃめちゃ広い北海道。一度に主要の観光スポットに行くのは難しいです。今回…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。