昨シーズンリーグ優勝〜ソフトバンクホークス〜

ソフトバンクホークスの開幕投手は内定しています。
プロ8年目を迎える千賀滉大選手です。
2010年のドラフトで蒲郡高等学校を経て育成選手枠4位でソフトバンクホークスに入団。高校時代は全くの無名でしたが、高校野球通のスポーツショップの経営者の勧めでドラフト指名に至った経緯があります。
プロ2年目に支配下登録され、その後、中継ぎで連続無失点イニングのパリーグタイ記録をマークするなど頭角を現しました。先発に本格的に転向したのは2016年のシーズンからです。
昨シーズン開幕前に行われたWBCでは、日本人で唯一オールスターチームに選出されて、昨シーズンのシーズンでは13勝し、自身初の最高勝率のタイトルを獲得しました。
「おばけフォーク」と呼ばれているフォークボールを武器に今シーズンも勝ち星を重ねていく球界を代表する投手です。

昨シーズン2位〜西武ライオンズ〜

昨シーズン、怒涛の追い上げを見せ、2位まで上り詰めた西武ライオンズ。
開幕投手はすでに決定しており、3年連続で菊池雄星選手が選ばれています。
2009年のドラフトで花巻東高等学校を経て6球団の競合の末、西武ライオンズにドラフト1位で入団。
昨シーズンの開幕戦では、7回を投げ1失点の好投で勝利投手となり、その勢いでシーズンを過ごし、自身初の最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得した飛躍のシーズンとなりました。
3年連続で開幕投手を務める菊池雄星選手。2年連続となる開幕戦白星を飾ることができるでしょうか。楽しみです。

昨シーズン3位〜楽天ゴールデンイーグルス〜

楽天ゴールデンイーグルスの開幕投手は則本昂大選手。通算5回目の開幕投手となりそうです。
2012年のドラフトで三重中京大学を経てドラフト2位で入団。
ルーキーイヤーの1年目では、WBCに当時エースの田中将大選手が選出されていたので、開幕投手を回避したことと、オープン戦の成績が良かったことから新人では異例となる開幕投手を経験しました。
昨シーズンは自身がWBCに選出されていたことから疲労を考慮し、開幕投手を美馬選手に譲りました。シーズンでは日本記録となる8試合連続の二桁奪三振という驚異的な記録をマークし、4年連続の最多奪三振のタイトルを獲得しました。
今シーズンも三振をどんどん取って奪三振の世界記録を狙って欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

野球メーカーのご紹介

野球メーカーの特徴をまとめて見ました。まずは大手どころです。

広島カープ3連覇への道 Vol.25 〜4/28 阪神タイガース戦〜

広島カープ4連勝!!中盤追いつかれるもののやはり広島カープ攻撃陣、しっかり期待に応えてくれました。このまま勝…

ベイスターズ、優勝への道 vol.34 〜予言的中!主砲が暗雲を振り払う!巨人戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。