3/3 広島カープ 10-0 西武ライオンズ

見事な快勝でした。序盤の猛打と投手陣の好投により、西武ライオンズを完封。先発ローテーション濃厚の野村祐輔選手、薮田和樹選手が3回ずつをしっかり押さえてくれました。
広島カープは初回、先頭の丸選手がヒットで出塁すると、松山選手のタイムリーヒットで幸先よく先制点をあげました。
2回にも1点を追加して迎えた3回、連続ヒットで0アウト満塁とすると、會澤選手、堂林選手の連続タイムリーヒットで追加点を挙げると、美間選手の2打席連続タイムリーヒットでさらに追加点を挙げ、怪我から復帰を目指す鈴木誠也選手が2ランホームランを放ちこの回一挙7得点を挙げました。
投手陣は、野村選手、薮田選手、中崎選手、一岡選手、新外国人のカンポス選手とつなぎ、見事完封。投打がしっかり機能した素晴らしい試合でした。

3/4 広島カープ 3-4 西武ライオンズ

中盤追いつくものの、突き放され痛い敗戦となってしまいました。
広島カープ先発は大瀬良選手。先頭の金子選手をヒットで出塁させると、森選手、山川選手に連続タイムリーヒットを打たれ、さらに今シーズンから西武ライオンズに復帰した松井稼頭央選手にもタイムリーヒットを打たれ初回に3点を許す苦しい立ち上がりとなってしまいました。
しかし、2回にメヒア選手のタイムリーヒットで1点を返すと、4回にはまたもやメヒア選手が2試合連続となる2ランホームランで同点としました。
しかし2番手の岡田選手が5回に先頭の源田選手を2ベースヒットで出塁を許すと、続く森選手にタイムリーヒットを打たれ1点勝ち越されてしまいました。その後、見せ場を作ることができず3-4で敗戦。西武ライオンズとの2連戦は1勝1敗のドローという結果でした。

総括

攻撃陣に関しては2試合で13得点と順調な仕上がりかと思われます。特に昨シーズン途中に支配下登録されたメヒア選手の活躍が光りましたね。昨シーズンブレイクしたバティスタ選手が怪我で戦線離脱する中、しっかりとアピールしてくれています。主にファーストを守るメヒア選手。新井選手、エルドレッド選手という激戦ポジションですが、このままの調子でいけば開幕スタメンは十分にあり得そうですね。非常に楽しみな選手です。
一方、先発陣は明暗が分かれた感じです。
初戦登板した野村選手、薮田選手はランナーを出すものの要所をしめたピッチングでお互い3回を無失点に切り抜ける順調な仕上がりでしたが、2戦目登板した大瀬良選手、岡田選手が連打を許し互いに失点してしまいました。開幕までまだ時間はあるので、しっかり調整して開幕を迎えていただきたいところですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

広島カープ3連覇への道 Vol.50 〜6/2 千葉ロッテマリーンズ戦〜

広島カープ連勝ならず。プロ初勝利をかけた高橋昂也選手が千葉ロッテ打線につかまり、3回1/3を4失点で降板し、…

ちょっと早い!セリーグホームランランキング!!

セリーグのホームラン王は外国人選手が多い傾向

4月27日プロ野球結果〜セリーグ〜

4月27日のプロ野球結果です。 大瀬良選手が今シーズン初勝利。中日ドラゴンズ最下位脱出。阪神タイガース快勝。

1家族一回限りの無料サンプル請求

カメレオン

よろしくお願い致します。