朝ごはんを食べるメリットとは

朝ごはんを食べるメリットは実はたくさんあります。1日の始まりに食事をすることで身体にとってどんな良いことがあるかご紹介します。
①身体へのエネルギー補給
②肥満防止
③脂肪燃焼効果
④便秘改善
などなど様々です。
また朝ごはんを食べないことでランチタイムでがっつりなんて方も多いはず。
朝ごはんをしっかり食べると良いと言っても、高カロリーのものを食べても良いと言う訳ではありません。
バランス良く効率良く身体に必要なエネルギーを補給して下さい。

何を食べれば良いのか

朝ごはんには「お米食」がおすすめ。パンやうどんの原料の小麦は粉状ですが、ご飯は粒状のため、ゆっくりと消化・吸収されます。なだらかに血糖値を上げ、それを長時間キープしてくれるそう。脳にとっても安定したブドウ糖の供給源となるので、朝ごはんには積極的にお米を取り入れられると良いですね。

また、ごはん・味噌汁・焼き魚など、「炭水化物+タンパク質+脂質」の三大栄養素をバランス良く食べると良いそうです。たんぱく質は体温を上げ、脂質は脳の働きを高めてくれる効果があるそうですよ。

朝ごはんを抜くと太る理由
朝ご飯を抜いてしまうと空腹の時間が長くなります。すると体がエネルギーになる栄養素を求めてしまうのでお昼ご飯に食べたものの栄養素をたくさん吸収してしまいます。よって、朝食を抜いてしまうと太りやすい体になるといわれているのです。
また、朝ご飯を食べると胃が刺激され、体温が高くなります。体温が高くなれば、生きていくうえで必要なエネルギーである、基礎代謝も上がるといわれています。この基礎代謝が上がると体は太りにくくなります。
このように両方の意見がありますが、まとめると、毎日朝ご飯は食べた方がいいといえます。夜食べ過ぎてしまったときは、軽くバナナなどの消化のいいものだけを食べるようにして朝ご飯の量を調整し、少しでもいいから食べない日が無いようにしていくといいでしょう。

最後に

いかがでしたか? 朝ごはんにはさまざまなメリットがあるんですね。ご自身、ご家庭に合った朝ごはんスタイルを確立できたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

秋の体調不良に注意

秋になるとなんとなく

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。