イチロー選手とは?

言わずと知れた天才バッター、イチロー選手。
昨シーズンまでメジャーリーグで活躍していましたが、1/19現在まだ来シーズンプレイする移籍先が決まっていない状態です。
ここで少しですがイチロー選手の紹介をしていきたいと思います。
1991年のドラフトで愛工大名電高校を経てドラフト4位でオリックスブルーウェーブ(現オリックスバファローズ)に入団。
高校時代は投手としても甲子園にも出場を果たしましたが、交通事故により野手転向を決意しました。高校時代は有名ではありましたが、芯が細く、プロ向きではないというスカウトの評価でしたが、天才的なバッティングが当時オリックスの三輪田スカウトの目に留まり、ドラフトで指名された経緯があります。
プロ2年目にイチロー選手の代名詞である「振り子打法」を身につけ、3年目の1994年に才能が開花。プロ野球史上初となるシーズン200本安打達成と、当時のパリーグの最高打率,385をマークし、一躍スター選手に上り詰めました。

主なタイトル

日本プロ野球9年間で、7年連続となる首位打者と、5年連続となる最多安打、打点王1回、最高出塁率5回、打点王・盗塁王の同時獲得、最高出塁率・盗塁王の同時獲得いずれも日本プロ野球史上初となる盗塁王を1回獲得。90年代のプロ野球はイチロー選手のためにあったと言っても過言ではない活躍でファンを魅了してきました。
また、メジャーリーグでも、首位打者2回、盗塁王1回のタイトルを獲得するとともに、長い歴史のあるメジャーリーグのシーズン最多安打記録である262本の記録保持者でもあります。また、プロ野球における通算安打の世界記録保持者でもあります。
日本のみならず、メジャーリーグでもトップクラスの活躍を見せ、世界中のファンを魅了してきました。
メジャーリーグでは、17年間で、マリナーズ、ヤンキース、マーリンズで活躍。しかし、来シーズンのプレイチームがまだ決まっていない現状にあります。現在44歳という年齢ではありますが、まだまだ衰えを見せず、活躍できる実力は十分あります。来シーズンどのチームでプレイするのか本当に楽しみですね。

日本球界復帰も??

もしかしたらの話ですが、イチロー選手のプレイを日本プロ野球で見られるかも??
地元球団である中日ドラゴンズがイチロー選手にオファーをかけたと報道されていますね。もし、これが実現したら日本球界が大騒ぎになること間違いなしですね。中日ドラゴンズはソフトバンクホークスを自由契約となった松坂大輔選手も獲得に動いているという報道もあるので、もしかしたら松坂選手、イチロー選手のダブル獲得という夢のニュースが日本中に飛び回るかもしれませんね。
しかし、私自身、日本球界でイチロー選手をまた見てみたいという気持ちもありますが、やはりイチロー選手はメジャーリーグで野球人生を終えてほしいかなと思っています。まだ来シーズンの移籍先が決まっていないイチロー選手。悔いが残らないよう移籍先を決めて欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.41 〜最大の敵は雨か?!中日戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

野球マンガ代表!!

もう1つの日本代表

ベイスターズ、優勝への道 vol.21 〜パ・リーグ首位に挑め!東北楽天戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。