手軽さが魅力

モッツァレラチーズと共に食べられる食品といえば、有名な所でトマトです。 調理法も手軽で、薄く切ったトマトとモッツァレラチーズに塩コショウ・オリーブオイルをかけるだけで美味しいサラダになり、イタリアンレストランの様になります。もしバジルソースがあれば、塩コショウ・オリーブオイルの代わりにかけても美味しいです。

明太子とも合う

他に少し変り種のものだと、明太子があります。 スライスしたモッツァレラチーズに明太子をのせるだけ、それだけでワインが進むおつまみになります。おかずの一品でも良し、お酒のつまみでも良し、どちらを作るにしてもとても手軽で美味しく調理できるのが魅力です。また、モッツァレラチーズを食パンにのせてトーストし、明太子を上から塗るという食べ方も是非オススメです。

やはりパスタ、ピザ

モッツァレラチーズを使った料理は色々あり手軽さも魅力ですが、やはりパスタやピザではないでしょうか。モッツァレラトマトとトマトとバジルのパスタ、又は冷製パスタが美味しいです。冷製の場合は、あっさりとした味で、食欲の無い夏でもつるっと食べることができます。 作り方はパスタを茹でて水で冷やし、一口大にカットしたトマトとモッツァレラチーズをのせて、バジルソースで合えます。お家でも簡単に作る事ができます。
そして定番の人気があるモッツァレラチーズをのせたマルゲリータピザです。マルゲリータピザは男女問わず幅広い年齢層に人気があります。モッツァレラチーズを使った王道メニューです。ご一緒にモッツァレラチーズとトマトを使った熱々のスープもオススメです。体の中からポカポカに温まります。トマトは冷製料理でも熱々料理でも大活躍します。
今夜はお家でイタリアンなんて如何でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

リンゴの効果

よく冬場の果物コーナーに並んでいる物といえば、リンゴがありますよね。 「一日一個のリンゴは医者いらず」という…

まもなくハロウィン!改めて「かぼちゃ」の栄養を知ろう!

まもなくハロウィンの季節。ハロウィンといえば、「かぼちゃ」ということで改めてその栄養を知りましょう!

いまや世界でも旨味が人気!「昆布」

和食ブームで「昆布」の旨味は世界に広がっています。

1家族一回限りの無料サンプル請求