「酒は百薬の長」は本当か?

昔から「酒は百薬の長」と言われています。
大人の嗜みとして、親しまれており、飲み会なども各地で開催されていますね。私もお酒が大好きで、よく友人と飲みに行ったり、晩酌を楽しんでいます。しかし、私はお酒を飲むと、すぐ酔っ払ってしまい眠くなってしまいます。
ここでふと、「酒は百薬の長」という言葉は本当なのかと思い、私なりに少しまとめてみましたので、もし興味がある方は続きを読んでいただけたら嬉しいです。
皆さんはお酒という物が何かご存知でしょうか?
お酒とは、エチルアルコールが含まれているも飲料のことを言い、ビール、日本酒、焼酎、ワインなどの種類がありますね。私はもっぱらビール。居酒屋での一杯目は必ずビールです。
話が逸れてしまいましたが、お酒を飲むことによって、ストレス緩和、コミュニケーションの円滑化などがある反面、アルコール依存性、ガンのリスクなどが挙げられます。
メリットもあり、デメリットもあるお酒。
なぜ酒は百薬の長と言われているのでしょうか。

言葉の由来は?

「酒は百薬の長」と呼ばれるようになった由来は、中国の漢王朝まで遡ります。その頃書かれた漢書「食貨志下」にお酒に関する言葉が記載されており、その文書を簡単に訳すと、「酒は多くの薬の中でも最も優れているもの」と訳すことができ、この言葉が「酒は百薬の長」という言葉の由来となったようです。
その言葉は広まり、お酒は健康にいいものという印象を受けてしまっているわけです。
現在ではその言葉に言葉が付け加えられ、「酒は百薬の長 されど万病の元」と言われるようになりました。

お酒のメリット・デメリット

「酒は百薬の長 されど万病の元」と言われているお酒ですが、メリットもあれば、デメリットもあります。

【メリット】
ストレス緩和
コミュニケーションの円滑化
血行促進

【デメリット】
アルコール中毒、依存症
臓器、脳への負担
睡眠障害
体力の低下

などが挙げられます。

このようにお酒はメリットもあり、デメリットもあります。
少量であれば、ストレス緩和などのメリットもありますが、多量のアルコールを摂取してしまうと、体への負担もある、諸刃の剣。

簡単に言ってしまうと、飲みすぎないことが大事です。
程よくお酒を愉しんで、飲みすぎないように気をつけましょう。

また、お酒にはクエン酸がいいと言われているので、お酒を飲んだ後にはクエン酸を飲むこともオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

健康にダイエットに!優れた効果を持つ「里芋」

これから冬に向かって美味しくなる「里芋」ですが、実は驚くほど栄養成分がたくさん詰まった食材なんです。

風邪の時、お風呂に入ってもいいのか?

風邪のとき、お風呂に入ってはダメ。ほとんどの方がそう信じているのではないでしょうか。

1家族一回限りの無料サンプル請求

カメレオン

よろしくお願い致します。