乾杯前に胃を温め、水分補給はお酒と同量以上

お酒にはさまざまな美容効果がありますが、その効果を生かしながら悪酔いを防いで楽しく飲むには、寝不足や疲れている日は飲まないこと。すきっ腹で飲むのもNG。すきっ腹で冷たいお酒を飲むと、胃腸が冷え、消化酵素が働きにくくなって消化不良を引き起こし、飲んだ後の不調につながります。乾杯前にお湯を飲んで胃を温め、何か食べておきたいもの。また、アルコールには利尿作用があるので、肌の乾燥やむくみ、ドロドロ血につながる脱水状態になることもあるらしいです。チェイサーをお酒と同量〜3倍は飲みましょう。常温の水やお湯のほか、1番だしもおすすめ。ミネラルが豊富なので二日酔い防止に効きます。喫煙しながら飲むと美容効果は台無しなので注意が必要です。

ワインで美肌効果、アンチエイジングにも

・ワインとは
ブドウを原料とした醸造酒。主な種類は炭酸ガスを含まない「スティルワイン」と、発泡性の「スパークリングワイン」。スパークリングのうち、フランスのシャンパーニュ地方で造られるのがシャンパン。ブドウの品種によって風味もさまざま。国産ブドウのみで造る「日本ワイン」も人気。
・美容効果
体を温める効果があり、香りにはリラックス効果も。ブドウの果皮には抗酸化成分のポリフェノールが含まれ、果皮を使う赤ワインは老化やシミの原因となる活性酸素の除去、悪玉コレステロールを抑え、動脈硬化や認知症を予防する効果も。果皮を使わない白ワインには腸内殺菌作用があり、腸内環境を整える。カリウムが豊富で代謝もアップ。シャンパンの疲労回復効果も注目されています。

アルコール度数14度でグラス1〜2杯

ビールでデトックス効果

・ビールとは
主に大麦の麦芽にホップを加えて発酵させて造られる。近年は小規模な醸造所で職人が造る「クラフトビール」が人気。淡色でのど越し爽快な「ピルスナー」や、小麦から造られる「ヴァイツェン」などその種類もさまざま。最近の人気は「IPA(インディアペールエール)」。柑橘系の香りとしっかりした苦みにハマる人が多いです。
・美容効果
炭酸の刺激で胃腸の働きが活発に。利尿効果があるため、老廃物などを流すデトックス効果も。また、美肌に効くビタミンB群が豊富。100ml当たりのカロリーは40kcalと低いので、ダイエット中にもおすすめ。ただし、利尿効果から脱水状態になりやすく、そこから肌の乾燥につながることも。体も冷やすので飲みすぎには注意が必要です。
・1日当たりの適量の目安
アルコール度数5度で中瓶

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

入浴で効果的に発汗する秘訣

健康と美容を目指すのは多くの人が考える現代の課題となってきました。 そこで入浴で効果的に発汗する秘訣をご紹介…

口内炎の原因も色々

いくつかの原因はあります。

目の疲れを感じたときの対策

無意識のうちに目をパチパチしたり、目頭を押さえたりしていませんか? それは、目の疲れが原因かもしれません。 …

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。