水道水が飲み水としての信用を失って、注目されたのがミネラルウォーター。
カルキ臭くない、味もいいと生活必需品になってきた。
でも、ミネラルウォーターにも実は色々な種類があるのだ!

ミネラルウォーターだからって、ミネラルは豊富じゃない!?

海外のレストランで食事をすると、「ミネラル、プリーズ」なんてかっこよくオーダーしている人がいる。
でもそのミネラルウォーターの基準をしっかり把握している人、意外に少ないのではないか。
残念ながら、ミネラルウォーターのすべてが豊富なミネラルを含んだ天然水というわけではないのだ。
確かに、エビアンやボルヴィックに代表されるようなヨーロッパ産の製品には、ミネラルが豊富で全く加工していない水も多い。
ところが、国産品のほとんどが、ミネラル成分に限っては水道水と大差がないのだ。

あなたが飲んでいる水はどのジャンル?

1990年に農林水産省が定めたガイドラインによれば、「ミネラルウォーター類」と呼ばれる水は、原料によって4種類に分けられている。

●ナチュラルウォーター
特定水源から採水した地下水。
濾過、沈殿、加熱殺菌に限り処理して良い。

●ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち無機塩類が溶解したもの

●ミネラルウォーター
ナチュラルウォーターを原料とし、混合したりミネラル分を調整したもの。

●ボトルドウォーター
飲用に適した水をつめたもの。

ミネラル分の濃度や量については特に規制されていない。
普通、私たちがイメージするミネラルウォーターは、この中のナチュラルミネラルウォーターだろう。
だが実は、国産品の中にはボトルドウォーターやナチュラルウォーターに属する物も多い。
わざわざお金を払って、水道水と大して変わらないミネラル量の水を買っていることもあるということになる。
本当にあなたのイメージにあったミネラルウォーターを買うためには、ラベルのチェックが大切である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

クーラーで涼しいのに寝汗が

暑苦しいわけでもないのにかく寝汗。

グリーンピースの力

グリーンピースには

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。