今や野菜は、時期を選ばずスーパーや食卓に並ぶ時代になりました。しかし、野菜にももちろん旬があり、旬の時期にはそれ以外の時期と比べ、味も当然のことながら栄養価も高くなります。更に不思議なことに、旬のものはその時期に身体が必要としている栄養素を多く含んでいるものです。
冬野菜には、冷えた身体を内側から温めてくれる野菜が多くあります。

旬の野菜には旬の効果がある

冬の野菜は体を温める効果があります。
そして冬野菜はビタミンCを多く含んでいます。
ビタミンCは体内でコラーゲンの生成を助けてくれるので、お肌にいいのはもちろん、喉や鼻腔の粘膜も強化してくれるので風邪予防に効果が高いです。
そのほか、冬野菜に豊富なカルシウムはイライラを鎮めて、ストレスを緩和し、免疫力の低下を防いでくれる効果があります。
冬野菜の中でも、葉緑素の宝庫とも言うべき冬の青菜は二日酔いにも良く効き、血液の浄化に役立ちます。

冬の野菜な効果的な摂り方

野菜は体を温めてくれる成分が多いので、暖かい料理にするのが基本です。
野菜の成分の多くは水溶性なので、煮汁も一緒にいただけるメニューが最良。
冬野菜をふんだんに使った鍋料理などは効果的な野菜の摂取方法といえます。
残った汁も、うどんやそばを煮る、おじやにするなど無駄なくおいしく活用できます。

まとめ

旬の食材といえど、やはり収穫から時間が経てば経つほど味も栄養も失われてしまいます。

旬の時期の採れたて野菜は、味・栄養ともにまさに別格と言えるので、鮮度のいいうちに食べるのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

史上4校目の3冠へ!全日本学生駅伝、青学大が初優勝!!

第48回全日本大学駅伝対校選手権が行われ、青山学院大学が悲願の初優勝。来年1月の箱根駅伝で史上4校目となる大…

サロンに通う女子は、 市販のトリートメントとの違いに気付けるか…?

サロンでドッキリを実施!? サロンに通う女子は、 市販のトリートメントとの違いに気付けるか…? パンテーン…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。