頭痛の解消法については、その原因によって対処の仕方が変わってきます。もし、ストレスによって頭が痛いということであれば、ストレス解消方法を見つけていくことで、痛みの頻度を減らしていくことができます。気圧の変化によって起こるのであれば、季節の変わり目には自分で用心をしておくことが必要です。

と、頭痛が起こる原因が違うため改善方法も異なります。原因に合った対処法をすることで改善することができますが、間違った方法をすると悪化することがありますので、種類別の原因と特徴、改善方法をまとめました。

片頭痛が起こる原因・症状と改善方法

片頭痛の主な原因として、脳の毛細血管が膨らむことで、神経を刺激し、痛みを発症します。改善方法は、膨らんだ毛細血管を押さえることがポイントとなります。

血管を収縮させる作用があるカフェインは、膨らんでしまった脳の毛細血管を元の状態に戻して原因を取り除くことができます。

患部を冷やすことによって、血流を穏やかにし、痛みを和らげることができます。しかし、患部に氷などを直接当てるのは危険なため、水にぬらしたタオルなどを絞って使うことがお勧めです。

刺激に対して敏感になっているため、強い光や音がする場所を避け、暗くて静かで涼しい場所でじっとしていることも効果的です。

緊張型頭痛が起こる原因・症状と改善方法

肩から首筋にかけてコリが生じているときに頭痛がする場合は、緊張型頭痛の可能性があります。起こる原因としてはデスクワークなどで眼精疲労を起こしている、姿勢が悪い、体の冷え、精神的なストレスなどがあげられます。頭が締め付けられるように痛みが毎日起こります。

首や肩の凝りから頭痛が起こることが多く、体を動かしたり、痛い部分を温めると痛みが軽減します。

ストレスを溜めないようにしたり、ストレッチをしたり、ゆっくりとお風呂に入って全身を温めることで血流が良くなり筋肉の緊張がほぐれて痛みを改善します。

群発頭痛が起こる原因と特徴、改善方法

群発頭痛は頭痛の中でも最も激しい痛みを伴い、血管の急激な拡張が原因で起こります。働き盛りの男性に症状が現れることが多いですが、アルコールや喫煙が頭痛を誘発することが分かっています。

改善方法で最も効果的なのが酸素吸入治療です。痛みが起こったときに、早い段階で酸素を吸入すると症状が和らぐため、市販の「 携帯用酸素缶 」を利用して自分で対処する人が多いです。

血管収縮作用のあるトリプタンでの治療も有効です。

まとめ

頭痛の種類によって、自分で痛みを緩和する方法が違います。頭が痛いからといって頭痛薬に頼るのではなく、自分の頭痛の種類をまずは確認して、対処法を知りましょう。

片頭痛と緊張型頭痛であれば、正しい対処法をすることで痛みが和らぎます。痛みが和らげば、仕事や勉強・家事への集中力も高まりますので、正しい対処法で頭痛を緩和するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

紅茶がノロウイルス感染予防に!

紅茶と言えば、日ごろから手軽に摂取できる飲み物。飲むことでノロウイルス予防ができるなら、積極的に取り入れたい…

ギックリ腰の対応法

いつ、何処でなるか分からないギックリ腰。まず第一は?

パセリの力

野菜界のバイプレイヤー。 日本では食材というよりは食べ物に彩りを添える「飾り」という印象が強いパセリ。菊の花…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。