川崎との神奈川ダービーは完敗、、、15戦無敗ならず

川崎フロンターレ 3-0 横浜F・マリノス

川崎フロンターレ 3-0 横浜F・マリノス

【得点者】
1-0 14分 大島僚太(川崎フロンターレ)
2-0 57分 小林悠(川崎フロンターレ)
3-0 75分 家長昭博(川崎フロンターレ)

リーグ戦14試合無敗、5試合連続完封中の2位・横浜F・マリノスは、敵地で3位・川崎フロンターレとの神奈川ダービー。優勝争いのためにも負けられない一戦となりましたが、ミス多発でマリノス自慢の堅守が崩壊し、今季ワーストの3失点。5月7日の鳥栖戦以来、15試合ぶり黒星となりました。これにより順位も5位に転落。

次節、ホームで3位に浮上した柏レイソルとの一戦。優勝争いのために負けられません!!

マリノス自慢の堅守が、、、ミス多発で今季最多の3失点

マリノスのスタメンはGKに飯倉大樹。DFはセンターバックに中澤佑二とミロシュ・デゲネク、左に山中亮輔、右に松原健。ダブルボランチに喜田拓也と扇原貴宏。MFは中央に天野純、右に齋藤学、左にはマルティノスが入り、ウーゴ・ヴィエイラが1トップという布陣。この日、出場はありませんでしたが、サブに入った新加入のイッペイ・シノヅカが今後気になる存在ですね。

試合は立ち上がりから、川崎の高い位置からのプレスに苦しめられました。マリノスはラインをずるずると下げられ、自陣に押し込まれる展開となると、14分、中途半端なクリアミスを川崎に拾われて、ミドルシュートから484分ぶりの失点、、、川崎に先制を許してしまいました。

追いつきたいマリノスでしたが、得意のカウンターも自らのミスにより不発。前半を0-1で折り返すと、後半も自陣ペナルティーエリア付近での不用意なプレーから2失点。自慢の堅守が崩壊し、今季最多の3失点となりました。

気持ちを新たに優勝争いに食らいつけ!

優勝争いのためにも負けられない一戦でしたが、攻守にわたりミスの多い試合でした。特にこれまで堅守を誇っていただけに、不用意なプレーからの3失点はショックでしたね。前回の対戦では2-0と勝利しましたが、川崎がその際の敗戦を活かし、序盤からハイプレスを仕掛け、マリノスの自滅を誘いましたね。

この敗戦によりマリノスは5位に転落。川崎は2位に浮上しました。しかし、その勝ち点差はまだ「2」ですから、この敗戦で気持ちを新たに食らいついていきたいですね。今週の土曜日は3位に浮上した柏レイソルとの対決になりますので、今節の敗戦を引きずることなく、自慢の堅守を再び見せてほしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

サッカーW杯、2026年大会から48チームに!

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイスのチューリヒで理事会を開き、ワールドカップ(W杯)本大会の出場チ…

ヤマハスタジアム

ヤマハスタジアム(Yamaha Stadium)は、静岡県磐田市にあるサッカーやラグビーに使用される球技専用…

Jリーグの優勝争いが佳境に

今年のファーストステージがいよいよ残り1試合となりました。優勝の行方はどちらに?

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。