錦織圭も活躍!!

2016年のリオオリンピックでは、実力のあるジョコビッチ選手が優勝候補として名前があがりましたが、国の代表というプレッシャーでしょうか、初戦でまさかの敗退という結果でしたね。この事からもオリンピックでは必ずとも実力者が優勝するとも限らないわけです。日本人選手にも大いなるチャンスがあります。日本のテニス界を牽引する錦織圭選手もリオオリンピックでは日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました。準決勝で金メダルに輝いたイギリスのマレーに敗れるものの、3位決定戦では、スペインの強敵ナダルに競り勝つなど、オリンピックでの強さも見せつける事ができました。2020年の東京オリンピックでは有明テニスの森で行われる予定です。日本勢にとってホームコートと言って良いでしょう。ですのでメダル以上の活躍に期待ですね。

競技の概要

コート:縦 23.77m
横 シングルス 8.23m
ダブルス 10.97m
ネットの高さ:中央部 0.914m
ネットを挟んで、ボールをラケットで打ち合います。 男子、女子ともにシングルス(1対1)とダブルス(2対2)の種目と、男女ペアで戦うミックスダブルスがあります。

ポイント!

ラブ、フィフティーンなど独特なポイントの呼び方があります。また、デュース、アドバンテージ・サーバーといったコールも覚えると、試合の実況解説の理解がより深まります。 コートでは、選手の感情をストレートに感じることができます。ボールを打ち合いながらの選手同士の駆け引きとそこから生じる緊張感は、見るものを圧倒します。

最後に

現在テニスのシングルで2012年ロンドンオリンピックと2016年リオオリンピックで二連覇しているのはイギリスのマレー選手ですね。マレー選手は現在30歳なので、三連覇をかけて2020年の東京オリンピック出場もおおいにあるかと思います。最強マレー選手に勝って日本人が東京オリンピックで金メダルをとってもらいたいですね。

関連するまとめ

「よろしくお願いします!」から「ありがとうございました!」までコートは毎日元気な声で…

兵庫県を中心に全22施設を運営するITCテニススクール・ジュニアクラブは、あいさつ月間を実施しているそうです…

男子テニス界を席巻するBIG3。他の選手が4大大会で優勝するのは世界最高峰の難易度だ…

錦織選手がどれほどハイレベルな相手と戦っているかわかってください。レジェンド3人が第一線で活躍している男子テ…

スポーツクラブに行ってみよう16

スポーツクラブに行ってみようシリーズの今回はテニススクールです。割と長い歴史もありますが最近インドアも増えて…